ページ番号:170358

掲載日:2021年3月10日

ここから本文です。

渋沢栄一記念館

記念館の入口の写真  渋沢栄一の像

渋沢栄一は近代日本経済の父とも呼ばれ、第一国立銀行(現在のみずほ銀行)や帝国ホテル、東京瓦斯(現在の東京ガス)、東京海上保険(現在の東京海上日動)など、一度は耳にしたことがあるであろう多くの企業の設立に関わり、その数はなんと500余りと言われています。また商法講習所(現在の一橋大学)や博愛社(現在の日本赤十字社)など600余りの教育・福祉や社会公共事業の支援を行うなど、数々の功績を残しました。

この記念館は平成7年11月11日(栄一翁の祥月命日)に開館され、栄一の遺墨や写真など資料のほか、本人の肉声を聞くことができる展示があります。
2024年からの新一万円札の顏として、大河ドラマ「青天を衝け」の主人公として、いま大注目の渋沢栄一について詳しく知ることができます。

※見学は事前予約制。希望日の2日前までにホームページまたは電話にてご予約ください。

 

ここがポイント 2020年に誕生した「渋沢栄一アンドロイド」による講義を聴くことができます!

基本情報

所在地

深谷市下手計1204

お問い合わせ

048-587-1100 

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

年末年始(12月29日から1月3日)、臨時休室あり

料金

無料

ホームページ

http://www.city.fukaya.saitama.jp/shibusawa_eiichi/kinenkan.html

 

アクセス

電車でお越しの方

論語の里を巡る循環バスが運行しています。(別ウィンドウで開きます)

・JR高崎線「深谷駅」からタクシーで約16分

・JR高崎線「岡部駅」からタクシーで約16分

お車でお越しの方

・関越自動車道花園ICから約40分/本庄児玉ICから約30分

・北関東自動車道太田藪塚ICから約40分

駐車場

あり(約70台)

 

その他おすすめスポット

 

 

 

 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?