トップページ > 文化・教育 > 文化 > 第70回埼玉県美術展覧会(県展)

ページ番号:52725

掲載日:2022年7月5日

ここから本文です。

 埼玉県美術展覧会(県展)

新規・更新箇所審査結果の概要

1 出品点数

一般応募作品:3,100点

招待作品等:374点

2 出品者数

一般応募出品者:2,489人

招待作家等:374人

3 鑑査及び審査

令和4年5月18日(水曜日)~5月21日(土曜日)

4 鑑査及び審査員

第70回記念埼玉県美術展覧会審査員 

5 入選の状況

入選点数:1,587点

入選率:51.2%

入選者の年齢:最年少16歳、最高齢99歳

入選者名簿

  第1部 日本画(PDF:1,274KB)(別ウィンドウで開きます)

  第2部 洋画(PDF:4,992KB)(別ウィンドウで開きます)

  第3部 彫刻(PDF:810KB)(別ウィンドウで開きます)

  第4部 工芸(PDF:1,703KB)(別ウィンドウで開きます)

  第5部 書(PDF:2,026KB)(別ウィンドウで開きます)

  第6部 写真(PDF:446KB)(別ウィンドウで開きます)

6 受賞の状況

入賞者72人

最年少入賞者

日本画 埼玉県美術家協会賞:池田 倫佳 (16歳) さいたま市

写真 埼玉新聞社賞:野中 結衣 (16歳)川口市

最高齢入賞者

工芸 埼玉県美術家協会賞:渥美 セツ子 (93歳) 上尾市

7 審査評

第1部 日本画(PDF:115KB)(別ウィンドウで開きます)

第2部 洋画(PDF:165KB)(別ウィンドウで開きます)

第3部 彫刻(PDF:115KB)(別ウィンドウで開きます)

第4部 工芸(PDF:136KB)(別ウィンドウで開きます)

第5部 書(PDF:139KB)(別ウィンドウで開きます)

第6部 写真(PDF:159KB)(別ウィンドウで開きます)

新規・更新箇所Web講評会

受賞作品の一部の講評を動画でご覧いただけます。

第1部  日本画   審査員:森田 和彦    ( 0:00~)
第2部  洋画       審査員:大木 英穂    ( 6:16~)
第3部  彫刻       審査員:齋藤 由加    (12:41~)
第4部  工芸       審査員:花輪 滋實    (17:11~)
第5部  書          審査員:有岡 夋阝崖 (22:56~)
第6部  写真       審査員:渡辺 英夫    (30:04~)

Web講評会テキスト版(PDF:234KB)(別ウィンドウで開きます)

埼玉県美術展覧会(通称「県展」)とは

 「埼玉県美術展覧会」は、毎年5月から6月にかけて開催している公募美術展で、通称「県展」と呼ばれています。日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門があり、15歳以上の県内在住、在勤、在学者(中学生を除く)は、どなたでも出品できます。例年3,500点を超える出品数を誇る、県内最大の公募美術展です。

 戦後間もない時期(昭和26年3月)から始まった本展覧会は、多くの皆様に親しまれ、今回で第70回を迎えることになりました。皆様の力作が、美術館に展示される貴重な機会となります。多くの方からのご出品をお待ちしています。

第70回記念埼玉県美術展覧会 概要

第70回記念埼玉県美術展覧会ポスター

1 会場

埼玉県立近代美術館

2 会期
令和4年6月1日(水)~6月23日(木) ※月曜休館

3 開館時間

10時00分~17時30分

4 主催

埼玉県、埼玉県教育委員会、埼玉県美術家協会、埼玉県芸術文化祭実行委員会、埼玉県美術展覧会運営委員会

5 本展覧会の主な特徴

(1)約2,000点の入選作品等を一挙に展示

例年、3,500点を超える出品点数を誇り、その中から入選作品及び委嘱作品、招待作品等の約2,000点が会場に展示されます。県内最大規模の公募美術展です。

(2)幅広い年齢層が活躍

前回展では、15歳から101歳までの幅広い年代の方から出品がありました。多くの方が生涯にわたり、活躍できる美術展となっています。

(3)「第70回記念賞」を各部門に創設

例年設けている各賞に加えて、各部門に「第70回記念賞」を創設します。

作品募集について

1 出品部門

日本画(水墨画を含む)、洋画(版画を含む)、彫刻、工芸、書(篆刻・刻字を含む)、写真の6部門

※各部門に規格制限があります。

2 応募資格

15歳以上の県内在住、在勤、在学者(中学生を除く)

3 出品点数

各部門3点まで

4 搬入日時 

(1)搬入日 ※部門ごとに搬入日が異なりますので、ご注意ください。

①日本画・洋画・工芸

5月10日(火)、11日(水)、15日(日)、16日(月) ※業者搬入は11日(水)、15日(日)

②彫刻・書・写真

5月12日(木)、13日(金)、14日(土)、17日(火) ※業者搬入は13日(金)、14日(土)

(2)搬入時間

居住する市町村により、個人搬入は各日ともできる限り以下の時間帯に行うようお願いします。ただし、都合により指定された時間帯に搬入できない場合は、この限りではありません。

搬入時間 居住する市町村
10:00~11:30 さいたま市、県外
11:30~13:30 熊谷市、秩父市、本庄市、深谷市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、美里町、神川町、上里町、寄居町、行田市、加須市、春日部市、羽生市、越谷市、久喜市、八潮市、三郷市、蓮田市、幸手市、吉川市、白岡市、宮代町、杉戸町、松伏町
13:30~15:00 川越市、所沢市、飯能市、東松山市、狭山市、入間市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村
15:00~16:30 川口市、鴻巣市、上尾市、草加市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、北本市、伊奈町

5 搬入方法及び持参するもの

埼玉県立近代美術館へ直接搬入(事前申込不要)

(1)出品申込書

(2)出品票(作品に貼付)

(3)出品手数料(1点につき3,000円)

(4)釈文票(書部門のみ作品に貼付)

※(1)出品申込書、(2)出品票、(4)釈文票は、開催要項に添付しています。

6 開催要項の入手方法

(1)配架

県文化資源課または最寄りの市町村文化行政主管課、公民館、図書館、文化会館等で、2月上旬より順次配架します。なくなり次第、配架終了となります。

開催要項配架場所一覧(PDF:274KB)

(2)郵送

郵送希望の場合は、140円切手を貼った返信用封筒(角2サイズ、縦33.2cm×横24.0cm)を同封の上、下記担当までご請求ください。

※開催要項を1部送付する場合の郵便料金です。2部以上の送付をご希望の際は下記担当まで事前にお問い合わせください。

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1

埼玉県教育局市町村支援部文化資源課 博物館・美術館担当 (TEL 048-830-6925)

3)インターネット

開催要項、開催要項別紙、出品申込書、出品票、釈文票を以下よりダウンロードできます。

※出品申込書および出品票はA4横サイズ、釈文票はA4縦サイズで印刷し、使用してください。

開催要項(PDF:6,785KB)

開催要項別紙(PDF:224KB)

出品申込書(PDF:369KB)

出品票(PDF:369KB)

釈文票(PDF:89KB) 

●参考 写真部門 差し込み式マットパネルの使用方法(PDF:251KB)

7 その他

・ご来場にあたっては、新型コロナウイルス感染症防止対策にご理解とご協力をお願いします。

・新型コロナウイルス感染症の感染状況等により、展覧会等が中止・変更になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

第69回埼玉県美術展覧会(令和元年度)の様子

                                                        

 69看板              

 

【第1部日本画】                 【第2部洋画】                  【第3部彫刻】  

 69日本画               69洋画                 69彫刻

【第4部工芸】                   【第5部書】                       【第6部写真】

 69工芸           69書       69写真

過去の県展

第69回県展
第68回県展
第67回県展

県立近代美術館地図

大きな地図で見る

芸術文化祭サブサイトへ戻る

 

 

お問い合わせ

教育局 文化資源課 総務・芸術文化推進担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館5階

ファックス:048-830-4965

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?