ページ番号:17261

掲載日:2022年1月5日

ここから本文です。

太陽光発電について

行田浄水場太陽光発電設備について

行田浄水場では県営水道の環境負荷低減の取り組みの一環として、太陽光発電設備を建設しました。CO2や有害物質を全く排出しないクリーンなエネルギーを発電し、電力使用量の削減に努めています。

施設概要

 

施設概要

発電容量

1,200kW

太陽電池パネル出力

238.1W/枚

太陽電池パネル枚数

5,040枚

年間予測発電電力量

1,372,594kWh

設置面積

約2.2ha

稼働年月日

平成24年3月28日

 

 

太陽光発電設備のしくみ

太陽光パネル

太陽光発電量1日のモデル

 

設置効果

年間で1,372,594kWhの電力量を発電することで次のような効果があります。

設置効果

年間で削減できる電力料金

約2,300万円

 

年間で削減できるCO2排出量

679トン

※1

ブナ林がCO2を吸収するのに必要な面積に換算

115ha

※2

一般家庭が1年間に消費する電力量に換算

381世帯分

※3

※1  1kWh当たりCO2  0.495kgで計算

※2  1ha当たりCO4.6トンで計算

※3  1世帯当たりの年間消費電力量  3,600kWhで計算

また、太陽光発電設備は昼の太陽光の強い時間帯に多くの発電をするため、夏の電力需要のピークカットにも有効です。

令和3年度  太陽光発電実績

現在までの累計発電量  14,549,042 kWh  (平成24年3月28日(発電開始)~令和3年12月31日)

月間発電実績(PDF) : 4月 /  5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月

(令和3年度年間発電実績) 

graph2021_12

 table2021_12

過去の発電実績

お問い合わせ

企業局 行田浄水場 技術第一担当

郵便番号361-0024 埼玉県行田市小針1632

ファックス:048-559-0927

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?