ページ番号:21405

掲載日:2021年8月20日

ここから本文です。

マイクロチップを知っていますか?

  埼玉県保健所、動物指導センターでは収容した犬・ねこの処分数削減のため、所有者明示の一環としてマイクロチップの普及啓発を行っています。

マイクロチップをペットに装着すると下記の事項で役立ちます。

  • 迷子、逸走動物の飼い主発見
  • 事故等で帰宅困難となった動物の飼い主発見
  • 動物の盗難防止(飼い主の明確化)
  • 遺棄の防止(飼い主責任の明確化)
  • 災害時における円滑な動物救護活動
  • 検疫がスムーズになり、短い時間で出入国できる

  なお、埼玉県の各保健所及び動物指導センターには、マイクロチップ読み取り装置が置いてあり、
飼い主不明で搬入された犬猫については、すべてマイクロチップの挿入確認を行っています。

詳しくは日本獣医師会ホームページを参考にしてください。

お問い合わせ

保健医療部 動物指導センター  

郵便番号360-0105 埼玉県熊谷市板井123

ファックス:048-536-0800

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?