ページ番号:117968

掲載日:2021年5月18日

ここから本文です。

県民の健康・栄養状況

平成30年国民健康・栄養調査の埼玉県分集計結果

健康増進法に基づき厚生労働省が毎年実施している「国民健康・栄養調査」のうち、埼玉県民の部分を集計しました。平成30年埼玉県の調査実施世帯数は161世帯、調査実施者総数は381人でした。

  • 20歳以上の人の結果は、次のとおりです。   

食塩摂取量の平均は1人1日当たり10.7g

男女別にみると男性11.7g、女性9.6gでした。 

野菜摂取量の平均は1人1日当たり326.4g

男女別にみると男性333.1g、女性319.7gでした。年齢階級別に見ると、最も摂取量が少ない年齢階級は、男性では30歳代、女性では20歳代でした。

生活習慣病のリスクを高める量の飲酒をしている人は男性18.0%、女性6.4%

年齢階級別にみると、最も高い年齢階級は、男性では30歳代、女性では50歳代でした。

受動喫煙を有する人(現在喫煙者を除く)を場所別にみると、「飲食店」33.7%、「路上」44.1%

受動喫煙とは自分以外の人が吸っていたたばこの煙を吸う機会のことです。

65歳以上で低栄養傾向にある人(BMI≦20kg/m2)の割合は、23.3%

男女別にみると男性17.4%、女性28.1%でした。

詳細な報告書はこちらからご覧いただけます。

国民健康・栄養調査(埼玉県分)(平成30年)

食育リーフレット 

埼玉県では、健康と栄養の関係や課題を明らかにし、県や市町村での健康づくり施策に生かすことを目的に、平成29年11月に
「埼玉県民栄養調査」を実施しました。

当所では、この調査結果からわかった食生活の課題をわかりやすくお伝えするリーフレットを作成しました。
毎日の食事の見直しに御利用ください。

食塩を摂り過ぎていませんか?

県民栄養調査の結果、8~9割の人が、「日本人の食事摂取基準」が定める食塩の目標量よりも多い量の食塩を摂っていました。
食塩の摂り過ぎは、高血圧の要因になることがよく知られています。
そこで、美味しさをそのままに「食塩」を減らすコツをお伝えします。

「食塩をとりすぎています」編(PDF:299KB)

「あなたの塩分チェック」編(PDF:587KB)

「おいしいみそ汁のコツ」編(PDF:643KB)

※点線を山折にして三角にすると、卓上スタンドになります。

「飽和脂肪酸」をご存知ですか?

「脂質」の主な要素の一つ「飽和脂肪酸」は、摂取量が少ないと脳卒中を起こす可能性があり、多すぎると高LDLコレステロール
血症の要因になります。大切な栄養素は摂って、飽和脂肪酸は摂り過ぎない食品の選び方をお伝えします。

「飽和脂肪酸」編(PDF:489KB)

※点線を山折りにして三角にすると、卓上スタンドになります。

お問い合わせ

保健医療部 衛生研究所  

郵便番号355-0133 埼玉県比企郡吉見町江和井410番地1

ファックス:0493-59-8143

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?