Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2016年3月3日

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳の概要について

手帳の手続きについて

精神障害者保健福祉手帳の概要について

目的

精神障害者保健福祉手帳は、手帳の交付を受けた方に対して、各方面の協力により各種の支援策が講じられることを促進し、精神障害者の自立と社会参加の促進を図ることを目的としています。

対象者

この手帳は精神疾患を有する方のうち、精神障害のため長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方を対象としています。

障害等級

手帳は、一定の精神障害の状態にあることを認定して交付されます。次のように等級が定められます。

障害等級

障害等級

精神障害の状態

1級

日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

2級

日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級

日常生活若しくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活若しくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

有効期間

手帳の有効期間は2年です。

様式等について

手帳の手続きについて

申請窓口

お住まいの市町村の担当窓口 (市町村担当窓口一覧)(エクセル:34KB)に申請をしていただきます。

申請書類

次の書類が必要になります。

手帳申請書類

書類

備考

1

精神障害者保健福祉手帳申請書

用紙は市町村担当窓口(エクセル:34KB)にあります。

2

診断書(精神障害者保健福祉手帳用)

手帳の交付を受ける精神障害にかかる初診日から6か月を経過した日以後の日に作成されたもの(診断書用紙は市町村担当窓口(エクセル:34KB)にあります。また、かかりつけ医療機関に用意されている場合もあります。)

3

精神障害を支給事由とする年金給付を現に受けていることを証する書類の写し

年金事務所や共済組合等への照会のため、同意書が必要です。

4

写真(縦4cm×横3cm)

脱帽して上半身を写したものであり、申請時から1年以内に撮影したものになります。

※2と3についてはそのいずれかが必要になります。

 

なお、平成28年1月1日から、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」の一部が施行され、個人番号の利用が開始されます。

これに伴い、精神障害者保健福祉手帳の申請・届出書等への個人番号の記載が必要となります。

このため、お住まいの市町村の担当窓口で申請・届出を受付する際には、上記の申請書類に加えて番号確認書類及び本人確認書類(身元確認書類)等が新たに必要となります。

 

番号確認書類

個人番号カード(裏面)、(番号)通知カード、個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

 

本人確認書類(有効期限があるものは、有効期限内のものに限る)

顔写真付き身分証明書(以下の書類から1点)

個人番号カード(表面)、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、戦傷病者手帳

その他官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等の措置が施され、1.氏名、2.生年月日又は住所が記載されているもの

 

顔写真付き身分証明書がない場合(以下の書類から2点)

公的医療保険の被保険者証、介護保険の被保険者証、年金手帳、自立支援医療受給者証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、住民票の写し・住民票記載事項証明書等

その他官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、1.氏名、2.生年月日又は住所が記載されているもの

 

※代理人が申請する際は、代理権を確認するため、戸籍謄本その他その資格を証明する 書類(法定代理人)、任意の様式の委任状(任意代理人)、または官公署が発行する本人確認書類(個人番号カード、健康保険証等)が必要です。

また、代理人の身元を確認する書類(上記本人確認書類と同様のもの)も必要です。

申請後について

手帳の交付

いただいた申請については、認定されると、市町村担当窓口(エクセル:34KB)で書類を受け付けた日を開始日として2年間(2年後の月末日まで)の有効期限の手帳が交付されます。

更新の申請

手帳の有効期間は2年間です。

引き続き本制度を利用するためには、更新の手続きが必要です。更新の手続きは3か月前から受け付けています。

申請の際には、上記の書類が必要です。

引き続き本制度の対象となると認定された場合は、有効期限の翌日から2年後の日までが新たな有効期間になります。

障害等級の変更申請

有効期限内であっても、精神障害の状態の変化等により、手帳に記載された障害等級以外の障害等級に該当すると判断された場合は、障害等級の変更申請を行うことができます。

申請の際には、上記の書類が必要です。

障害等級の変更が認められた場合、市町村担当窓口(エクセル:34KB)で書類を受け付けた日を開始日として2年間(2年後の月末日まで)の有効期限の手帳が交付されます。

氏名・住所の変更届、再交付申請

氏名、住所に変更があった場合、手帳を紛失・破損・汚損した場合は市町村担当窓口(エクセル:34KB)で手続きしてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

精神保健福祉センター 審査担当
電話:048-723-3333(代表)
ファックス:048-723-1550(代表)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?