Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月21日

管内の自然(日記)

令和元年6月18日(晴れ)

嵐山町の「千年の苑ラベンダー園」には、鮮やかな紫色のラベンダーが辺り一面に広がっています。日頃の喧騒を離れて、癒しの香りに包まれてみてはいかがですか。

ラベンダーの絨毯

ラベンダーのアップ

ラベンダーと山

ラベンダーと看板

令和元年5月30日(晴れ)

旧定峰峠から粥仁田峠に抜ける自然歩道「大霧山に登るみち」と、そこから愛宕山を超える「高原牧場を通るみち」を巡視してきました。 

大桐山を登るみちの案内板

大霧山と定峰峠の指導標

大霧山へ続く道

標高767mの大霧山。てっぺんからの眺めは、格別です。

大霧山山頂からの眺望

ヘビイチゴ

大霧山の花

このプレートが付いている標識やベンチなどは、埼玉県が管理しています。 

下仁田峠の指導標

クマ鈴など、音の出るものを身に着けてハイキングするのも一案です。クマ注意の看板 

令和元年5月24日(晴れ)

刈場坂峠から大野峠と白石峠を越え、白石車庫バス停までの「峠の歴史をしのぶみち」を巡視してきました。標高818メートルの刈場坂峠からの眺望です。刈場坂峠からの眺望

この日の平地は30度を超す暑さでしたが、ここでは、爽やかな初夏の風が吹いていました。

峠の歴史をしのぶみち1

杉林がつくりだす日陰が、直射日光を防いでくれます。

峠の歴史をしのぶみち4

厳しい岩登りも、そんなに長くは続きませんので御安心ください。

峠の歴史をしのぶみち5

後半戦は、せせらぎの奏でを聴きながら歩くことができます。心地よさ満開です。

峠の歴史をしのぶみち3

小さいながらも滝が出現。そしてその先には・・・。

峠の歴史をしのぶみちの滝

峠の歴史をしのぶみちの花

令和元年5月10日(晴れ)

顔振峠から傘杉峠への山道を抜け、黒山三滝に至る自然歩道「義経伝説と滝のあるみち」を巡視してきました。傘杉峠の手前に立ち止れば、遠くに関東平野を見渡すことができます。

傘杉峠付近の関東平野の眺望

清らかな湧き水が流れる山道を歩いて行くと、のどを潤しにやって来たセキレイの仲間に出会いました。

滝のあるみち(山道)

滝のあるみち(鳥)

今回の終着となった黒山三滝は、室町時代に山岳宗教修験道の拠点として開かれた名所です。

黒山山滝

令和元年5月8日(晴れ)

白石峠から定峰峠へ抜ける自然歩道「大霧山に登るみち」を巡視してきました。所々、木の階段など傷んでいる箇所がありますので、ハイキングをされる方は十分御注意ください。

定峰峠と白石峠の指導標

大霧山に登る道(首都圏自然歩道)白石峠からの歩道

大霧山に登る道(首都圏自然歩道の歩道

白石峠から車ですぐ(徒歩だと約30分)の場所に、ときがわ町の堂平天文台「星と緑の創造センター」があります。夜空にきらめく星たちだけでなく、晴れた日の眺望も見ごたえあり!です。

堂平山天文台「星と緑の創造センター」からの眺望

平成31年4月4日(晴れ)

嵐山町の「都幾川の桜堤」では、淡い紅色のソメイヨシノと鮮やか菜種色の菜の花が満開です。

嵐山都幾川桜堤

嵐山都幾川桜堤(菜の花)

平成31年4月2日(晴れ)

小川町の「カタクリとニリンソウの里」では、薄紫色のカタクリや白色のニリンソウたちで賑わっています。

カタクリ1(小川町)

白い花1(小川町)

東秩父村の「花桃の郷」に、キュートな桃色の絨毯が広がっています。

花桃1(東秩父村)

花桃2(東秩父村)

お問い合わせ

環境部 東松山環境管理事務所  

郵便番号355-0024 埼玉県東松山市六軒町5番地1 埼玉県東松山地方庁舎2階

ファックス:0493-23-4114

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?