トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 秩父地域振興センター > 秩父地域の観光情報トピックス > 秩父地域の「地域おこし協力隊員」が紹介する“ぜひココ”な観光スポット情報 KOCO “ココ” ちちぶ  第8回 奥村純一(おくむら じゅんいち)さん  

ページ番号:206893

掲載日:2021年11月11日

ここから本文です。

秩父地域の「地域おこし協力隊員」が紹介する“ぜひココ”な観光スポット情報 KOCO “ココ” ちちぶ 第8回 奥村 純一(おくむら じゅんいち)さん

令和3年4月から皆野町の地域おこし協力隊として活動している奥村さんから、皆野町のお薦めスポット等を教えてもらいました!

 奥村p 【皆野町地域おこし協力隊 奥村 純一 さん】

2拠点生活の経験をいかして、"移住への関心"を高めたい。趣味のヒストリックカーの再生を通じた"地域の活性化"を目指して。

 〇 自己紹介をお願いします。また、協力隊の活動について教えてください。

 令和3年4月より皆野町の地域おこし協力隊員として活動しております。

 私と秩父地域の関わりは、4年前に皆野町で工場跡の倉庫を借りたことがきっかけです。

 私は、商品のスチール撮影をする仕事をしながら、専門学校の講師や雑誌編集長といった仕事も経験してきました。そうした日常のなか、休日は、不動の状態の旧(ふる)い自動車を購入し、それを修理し、再び車検取得して走行できる状態へと再生することを趣味としています。

 以前は妻と暮らす東京の自宅駐車場でそれらを楽しんでいましたが、再生したクルマたちが増えていくので、置き場所兼作業場所として工場跡地を借り、倉庫に宿泊できるよう小屋を建てました。

 奥村1 【4年前より借りている皆野町の倉庫で、旧いクルマたちの修理などの作業を楽しんでいます。】  


 そして、仕事のない休日を皆野町で過ごす東京都の自宅との2拠点生活をしていましたが、「地域おこし協力隊員」の募集を知り、「私の4年間の2拠点生活は移住への関心に繋がるのではないか、そして、趣味を利用したイベントなどを提案実施することで、地域を活性化できたらいいな」と思い、地域おこし協力隊員に応募し4月より活動開始となりました。

 奥村2【地域おこし協力隊の活動拠点である皆野駅前の「移住相談センター“寄ってんべえ みなのんち”(※1)」。みなさま、お気軽にお立ち寄りください。】
(※1)移住相談センター“寄ってんべえ みなのんち”HP

 活動としては、まず、皆野町のことを知ってもらおうと、お付き合いのある出版社さんに皆野町の取材を提案しました。

 雑誌「田舎暮らしの本」では、”草刈り機の使い方”という特集記事を三沢地区の空き家で撮影しました。また、自動車雑誌「Tipo」の都心から100km圏内を楽しむという企画では、リトリートフィールドMahora稲穂山(※2)でキャンプシーンの撮影を行いました。

(※2)リトリートフィールドMahora稲穂山HP

  また、自動車が趣味の人たちに声を掛けて開催した展示イベント「皆野サンデーミーティング(※3)」には、82台のヒストリックカーがヘリテイジ美の山(※4)の駐車場に集まりました。参加者には昼食として、しゃくし菜やみそ団子、豚みそといった秩父地域の特産物を使ったヘリテイジ美の山特製のお弁当を提供し、大好評でした。

minano sunday meeting 2021【6月13日に開催した「皆野サンデーミーティング」の動画の一コマです。】

(※3)動画コンテンツ名:MINANO SUNDAY MEETING 2021 spring  作成者:Junichi Okumura ※ YouTube動画が再生されます。

 奥村3【ヘリテイジ美の山で行ったヒストリックカーミーティングの一コマです。】

(※4)ヘリテイジ美の山HP

  こうした取組を雑誌各社に取り上げていただき、皆野町に関連する記事の雑誌掲載は、この半年の間に4媒体(田舎暮らしの本・Tipo・ガレージライフ・オールドタイマー)10件以上あります。

 奥村4【掲載誌の一部です。】

 ほかにも、同僚の隊員たちの協力を得て、「都心からわずか90分にある自然豊かな皆野町で、大自然を満喫しながらのワーケーションをPRするホームページ “ワーケーションのまち みなの”(※5)」を制作しました。

(※5)ワーケーションのまち みなのHP

 今後も皆野町のドッグラン(※6)やドライブスポットを動画制作したものをYouTubeで配信するなど、様々な方法で、皆野町の認知度を増やしていくつもりです。また、規模の大小を問わず、秩父地域の魅力を伝えられるイベントや情報の発信を続けていきます。

 愛犬とドライブ【東京から皆野町にあるドッグラン”やまのうえランド”までの愛犬とのドライブの動画の一コマです。】

(※6)動画コンテンツ名:きょうはどこに行こう 作成者:Junichi Okumura ※ YouTube動画が再生されます。

 

"秩父路"をドライブ。そして、点在する"自然"を楽しみ、リフレッシュ。

 〇 皆野町には素敵な場所がたくさんあると思いますが、オススメを教えてください。

 旧い自動車での遊びを趣味としている私ですが、その旧いクルマとは、自分が生まれる以前のものばかりで、約半世紀前に作られた1960年代の英国車がほとんどです。最古は1931年製ですので、太平洋戦争以前のいわゆる戦前車です。

 そうしたクルマたちとのドライブも、5分も走ればすぐドライブに適した道があちこちにあるのも秩父路の魅力です。

 そして、ちょっと山道を駆け上がれば、自然を楽しめるスペースが点在しています。

 私の住む皆野町には、美の山公園(※7)や荒川の河川敷、山間部にも休憩できる場所がたくさんあります。愛犬を連れてのドライブピクニック。仕事の合間や、ランチがてら1時間の外出だけでも、ものすごくリフレッシュできます。

 皆野町をはじめ、秩父地域全域に点在している気持ちの良い場所がおススメです。

 奥村5 【クルマを5分も走らせたところに、こうした気持ちの良い場所がたくさんあります。ランチだけでもピクニック気分。最高にリフレッシュができます。】

(※7)秩父環境管理事務所HP(美の山公園)

 私のもうひとつの趣味は自然の中で過ごすことです。今年の夏は、奥秩父の源流域で釣行を楽しみました。大水源となる落葉樹の森やツガの森に、秩父の源流域を感じました。

 そして、皆野町を流れる荒川本流には、冬季でもにじますのフライフィッシングが楽しめる特別エリア(※8)があります。オールシーズン、渓流釣を楽しめるところは全国的にも少ないと思います。こうしたことも、たくさんの人に知ってもらい遊びに来ていただきたいですね。

 奥村6【奥秩父の自然に癒されます。】

(※8)秩父漁業協同組合HPから抜粋「皆野地区:2021年度 本流にじます釣場案内図(JPG:3,700KB)」

 [取材日(寄稿日):2021年10月11日、記事掲載日:2021年11月11日] ※ 掲載している情報は取材日現在のものです。

お問い合わせ

企画財政部 秩父地域振興センター 観光振興・産業労働担当

郵便番号368-0042 埼玉県秩父市東町29番20号 埼玉県秩父地方庁舎1階

ファックス:0494-24-1741

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?