ページ番号:71736

掲載日:2020年7月29日

ここから本文です。

所沢市立椿峰小学校  学校応援団(子ども見守り隊)の活動紹介

  所沢市立椿峰小学校  学校応援団(子ども見守り隊)の活動を取材させていただきました。

  学校応援団とは、学校での教育活動を支援する保護者・地域の人によるボランティアの集まりです。主に、学校行事への参加・手伝い、学習支援、環境美化、安心安全のための活動を行っています。

  「子ども見守り隊」は、15名程の団員が参加し、毎日登校時に見守りを、下校時にパトロールを行っています。

下校時のパトロールに同行させていただきました。

毎日小学1年生の子供たちの下校時に団員が付き添って、下校を見守ります。

 0711207111

  この地域は坂道や曲り道が多く、歩道も狭い箇所がありました。団員が付き添うことで、不審者対策だけでなく、交通事故の防止にもつながります。

 201607114201607113

 下校中は、子供たちと団員が楽しく会話をする場面もありました。パトロールが世代間交流にも役立っています。

 20160715

 パトロールは、近所の児童館まで行いました。団員の皆さま、お疲れ様でした!

 

活動に関するお話を団長の古賀様から伺いました。

活動を始めたきっかけを教えてください。

  平成13年に自分が定年退職をむかえ、何か学校のために役に立ちたいと思い、パトロール活動を始めました。最初は1人だけでしたが、平成19年に学校応援団が発足したことで、参加者が増えていきました。

パトロールに関して工夫していることはありますか?

  学校と団員双方で力を合わせ、子供たちの安全を守っています。学校側は、子供たちへの約束事として「坂道を走らない」や「間隔をあけない」等のルールを教えています。応援団は、団員が4つの下校グループに分かれ、それぞれの児童の家の近くまで付き添っています。

パトロールを継続するにあたって、課題はありますか?

  若い人の入団を促し、世代を若返らせることが課題です。近年、団員の高齢化が進んでいます。坂道では特に体力を消耗しますので、継続してパトロールを実施することが難しい場合があります。

パトロールをしていてよかったことは何ですか?

  子供たちが団員の顔を覚えてくれて、挨拶をしてくれることです。中には、卒業しても私たちを覚えてくれる子供もいます。長い間パトロールをした結果だと思います。

 

  取材にあたり、所沢市立椿峰小学校の先生にも御協力をいただきました。先生、学校応援団の皆さま、ありがとうございました!

 201607116

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター  

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎2階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?