トップページ > くらし・環境 > 住宅 > 物価高等に関連する住宅関係の支援制度及び相談窓口について

ページ番号:215309

掲載日:2023年12月4日

ここから本文です。

物価高等に関連する住宅関係の支援制度及び相談窓口について

1  住まい探しにお困りの方

(1)住まい探しに協力してほしい【埼玉県住まい安心ネットワーク(埼玉県居住支援協議会)※外部サイトへのリンクです。】(別ウィンドウで開きます)

      あんしん賃貸住まいサポート店は、住まいにお困りの方の住まい探しをお手伝いします。

(2)入居できる民間賃貸住宅を探したい(セーフティネット住宅情報提供システム ※外部サイトへのリンクです。)(別ウィンドウで開きます)

      セーフティネット住宅情報システムでは、入居を拒まない民間賃貸住宅の情報を提供しています。

(3)民間賃貸住宅への入居を支援してほしい

      居住支援法人は、民間賃貸住宅への入居相談や入居後の見守りサービスなどの支援を行います。

(4)県営住宅に入居したい

      住宅に困っている低額所得者のための県営住宅の入居者を募集しています。

  ※募集は、1月・4月・7月・10月に行っています。

2  住まいの新築・リフォーム・購入を検討されている方

(1)「子育て世帯・移住世帯住宅省エネ化支援事業(埼玉県住宅供給公社)※外部サイトへのリンクです。

 埼玉県では、子育て世帯・移住世帯を対象として、国が実施するこどもエコすまい支援事業』(国交省)及び
 『先進的窓リノベ事業』(経済産業省・環境省)を活用して住宅の省エネ改修を行った方に、予算の範囲内において補助金を交付します。
 受付期間は、令和6年2月29日まで(予算上限に達した時点で受付終了)

 ※ 省エネ改修とは、窓やドアなどの開口部や壁・天井・床などの断熱改修をいいます。

 ※こどもエコすまい支援事業は、補助金申請額が予算上限に達したため、2023年9月28日に交付申請の受付を終了しました。​

(2)家庭における省エネ・再エネ活用設備導入補助金(埼玉県)

      埼玉県では、家庭部門の脱炭素化を促進するため、自らが居住する既存住宅に新たに省エネ・再エネ活用設備を導入する方に、

      予算の範囲内において補助金を交付します。

(3)同居・近居、住宅リフォームに関する助成制度の一覧(市町村)

      埼玉県では、市町村における同居や近居に伴う助成制度や住宅リフォームに関する助成制度を紹介しています。

※国の令和5年度補正予算案が閣議決定され、『こどもエコすまい支援事業』や『先進的窓リノベ事業』の後継事業が実施される予定です。詳しくはこちら(住宅省エネ2023キャンペーン)

3  住まいに関する相談がしたい方

住まいに関する悩みを相談したい(埼玉県住宅供給公社 )※外部サイトへのリンクです。

   住まい相談プラザでは、住まいに関する相談を無料でお受けします。

お問い合わせ

都市整備部 住宅課 企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎1階

ファックス:048-830-4888

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?