ページ番号:124023

掲載日:2022年2月1日

ここから本文です。

社会実験

県が実施したコンテナラウンドユース社会実験についてご案内します。

1 社会実験の概要

輸出入コンテナラウンドユース(CRU)の実績を把握し、今後の県物流効率化施策に役立てることを目的に、平成26年11月~平成29年1月にかけて実施しました。

内容は、埼玉県コンテナラウンドユース推進協議会構成員の荷主企業・陸運業者・船会社などから、荷卸・荷積の場所、取扱品目などCRUの実績やお試しデポでの実績を報告してもらいました。

2 社会実験結果

社会実験の結果として、3,196件の報告(1ラウンド:1件)があり、合計217社の参加がありました。

この報告内容から、コンテナ輸送距離:32.3%減、輸送時間:39.0%減、輸送コスト:21.0%減、CO2総量で240.1トン削減のCRUの効果が試算されました。

社会実験画像

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 総務・企画・景観担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?