トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症対策 > マスクの着用の考え方について

ページ番号:217128

掲載日:2022年6月27日

ここから本文です。

マスクの着用の考え方について

新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策として、マスクの着用は重要です。皆様にも会話をする際等のマスク着用をお願いしています。

しかし、暑くなる季節を迎えるにあたり、マスク着用による熱中症のリスクが高まることが懸念されます。周りの人との距離が十分に取れているとき、会話をほとんど行わないときなど、状況に応じてマスクを外しましょう。

また、就学前児については、他者との身体的距離に関わらずマスク着用を一律には求めません。特に、2歳未満のお子様にはマスクの着用は奨められません。

屋内・屋外でのマスク着用について

  • 状況に応じたマスクの着用について、国から以下のとおり考え方が示されています。マスクの着脱の参考にして下さい。

 

身体的距離が確保できる

(2m以上を目安)

身体的距離が確保できない

屋内※

屋外

屋内※

屋外

会話を行う

着用を

推奨する

着用は

必要ない

着用を

推奨する

着用を

推奨する

会話を

ほとんど

行わない

着用は

必要ない

着用は

必要ない

着用を

推奨する

着用は

必要ない

※外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など

子どものマスク着用について

  • 保育所・認定こども園・幼稚園等の就学前児については、 個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めません。
  • 特に、2歳未満では、息苦しさや体調不良を訴えることや、自分で外すことが困難であることから、窒息や熱中症のリスクが高まるため、着用は奨められません。
  • 施設内に感染者が生じている場合や体調不良者が複数いる場合などにおいて、マスクの着用が無理なく可能と判断される子どもに限り、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、一時的な対応としてマスク着用を求めることは考えられます。その場合も、熱中症リスクが高いと考えられる場合や、子どもが身体を動かすことの多い屋外での保育、プール活動や水遊びを行う場合には、マスクを外すようにして下さい。

熱中症に注意

  • 夏季の高温や多湿の環境下でのマスクの着用は熱中症のリスクを高めるおそれがあります。
  • 夏場は、熱中症防止の観点から、マスクが必要ない場面ではマスクを外すことを推奨します。

令和4年6月21日厚生労働省・環境省事務連絡「新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた熱中症予防について(周知依頼)」(PDF:136KB)

熱中症予防×コロナ感染防止リーフレット(PDF:603KB)

ハイリスク者と接する場合

  • お年寄りと会う時や病院に行く時などハイリスク者と接する場合にはマスクを着用してください。

マスクを着用しない場合であっても、引き続き、手洗い、「密」の回避、換気等の基本的な感染対策をしましょう!

令和4年5月20日厚生労働省事務連絡「マスクの着用の考え方及び就学前児の取扱いについて」(PDF:316KB)

okunaiokugai

kodomo

リーフレット1[屋外・屋内でのマスク着用について](PDF:386KB)

リーフレット2[子どものマスク着用について](PDF:165KB)



お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?