トップページ > くらし・環境 > まちづくり > 上下水道 > 水道 > 水道計画・統計資料 > 埼玉県水道整備基本構想(埼玉県水道ビジョン)

ページ番号:3397

掲載日:2020年3月24日

ここから本文です。

埼玉県水道整備基本構想(埼玉県水道ビジョン)

広域化等基本構想のイメージ埼玉県では県全域にわたる水道の計画的な整備や水道に関する諸問題を解決していくための基本的な指針となる「埼玉県水道整備基本構想」を平成23年3月に改定(昭和62年策定、平成16年改定)しました。

本構想は、『安心快適な給水の確保』『災害対策等の充実』『経営基盤の強化・県民サービスの向上』『環境・エネルギー対策の強化』『国際貢献』などを目標として掲げ、平成42年度を目標とし、長期的展望に立った水道のあるべき姿の方向を明らかにしたものです。

1構想の概要

圏域の区分

水道の広域的な整備を円滑に推進するため、水道の広域的な整備の基本単位として、地理的・社会的諸条件との一体性に配慮し、埼央広域水道圏と秩父広域水道圏の2圏域に区分しました。(昭和62年策定時と変更なし。)

なお、広域化の段階的な推進を図るため、埼央広域水道圏を11ブロックに細分化し、各広域化方策に取り組んでいくこととしています。

  • 埼央広域水道圏 59市町村(平成23年3月現在))
  • 秩父広域水道圏 5市町村(平成23年3月現在))

圏域の区分の図

2水道整備の基本方針及び施策の方向

(1)安心快適な給水の確保(安心)

  • 1)水質管理体制の強化
  • 2)水質汚濁に対する適切な対応
  • 3)県民ニーズに応じた質的向上施策の検討
  • 4)給水水質の向上

(2)災害対策等の充実(安定)

  • 1)利水安全度、地盤沈下を考慮した水源確保
  • 2)次世代に継承できる渇水・災害に強い水道の構築

(3)経営基盤の強化、県民サービスの向上(持続)

  • 1)経営基盤強化、格差是正に向けた広域化の推進
  • 2)技術継承体制の整備
  • 3)計画的で合理的な設備投資
  • 4)高料金化の抑制
  • 5)県民サービスの向上
  • 6)計画管理の実践

(4)環境・エネルギー対策の強化(環境)

  • 1)水資源の保全
  • 2)節水意識の向上
  • 3)環境に配慮した事業運営

(5)国際協力等を通じた水道分野の国際貢献(国際)

1)国際貢献の推進

3埼玉県水道整備基本構想(埼玉県水道ビジョン)本文

全体版(PDF:2,988KB)(ダウンロードに時間がかかります)

部分別

4埼玉県水道整備基本構想(埼玉県水道ビジョン)進行管理

目標数値と現状(平成27年度データ)(PDF:220KB)

お問い合わせ

保健医療部 生活衛生課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-824-2194

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?