ページ番号:25672

掲載日:2024年2月19日

ここから本文です。

県内の温室効果ガス排出量

1  県内(県全体)の温室効果ガス排出量

県では、埼玉県地球温暖化対策実行計画(第2期)に基づき、地球温暖化対策に取り組んでおり、計画の進捗状況を把握するため、県内の温室効果ガス排出量を推計しています。
2021年度(令和3年度)の温室効果ガス排出量は3,882万トン(二酸化炭素(CO2)換算。以下同じ。)で、2013年度(平成25年度)と比べて17.2%減少しました。ガス種別、部門別排出量の内訳は以下の表のとおりです。
なお、県では、2023年(令和5年)3月に埼玉県地球温暖化対策実行計画(第2期)を改正しました。改正後の計画では、県内の温室効果ガス排出量の削減目標を「2030年度(令和12年度)に2013年度(平成25年度)比で46%削減」と定めています(図参照)。

表 各温室効果ガスの排出量(基準年度及び前年度との比較)
温室効果ガスの種類 部門 2013年度
(基準年度)排出量
(万t-CO2
2020年度排出量
(万t-CO2
2021年度排出量
(万t-CO2
2013年度比排出増減量
(万t-CO2
2020年度比排出増減量
(万t-CO2
排出増減率
(2013年度比)
排出増減率
(2020年度比)
二酸化炭素
(CO2)
エネルギー起源(産業部門) 998 789 760 -237 -28 -23.8% -3.6%
エネルギー起源(業務その他部門) 1,022 731 824 -198 93 -19.4% 12.7%
エネルギー起源(家庭部門) 1,116 859 810 -305 -48 -27.4% -5.6%
エネルギー起源(運輸部門) 966 816 815 -151 -0.92 -15.6% -0.1%
非エネルギー起源(廃棄物) 89 112 102 13 -11 15.0% -9.5%
非エネルギー起源(工業プロセス) 251 225 227 -24 2.0 -9.5% 0.9%
二酸化炭素
総計
4,441 3,532 3,539 -902 7.2 -20.3% 0.2%
メタン
(CH 4)
30 26 25 -5.4 -1.2 -17.6% -4.7%
一酸化二窒素
(N2O)
47 45 41 -5.8 -4.1 -12.4% -9.1%
ハイドロフロオロカーボン類
(HFCs)
151 245 257 106 11 70.0% 4.6%
パーフルオロカーボン類
(PFCs)
13 14 13 0.15 -1.4 1.2% -9.6%
六ふっ化硫黄
(SF6)
5.6 5.9 6.1 0.49 0.20 8.8% 3.3%
三ふっ化窒素
(NF3)
0.53 1.4 1.5 1.0 0.17 190.5% 12.2%
二酸化炭素以外
総計
247 338 343 96 5.0 39.0% 1.5%
温室効果ガス
総計
4,688 3,870 3,882 -806 12 -17.2% 0.3%

※ 四捨五入により、合計が合わない箇所があります。

 

GHGto2030

図 埼玉県の温室効果ガス排出量と将来の目標値


今後、各種統計データの修正や算定方法の見直し等により、今回取りまとめた数値が再計算される場合があります。
なお、詳細につきましては、以下を御参照ください。

資料

2  県内市町村の温室効果ガス排出量

市町村の温室効果ガス排出量の把握は、地域の排出実態を知ることにつながり、効率的な温暖化対策を推進する上で重要です。

直近(2021年度)の市町村別の温室効果ガス排出量推計結果は以下のとおりです。

資料

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 実行計画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

ファックス:048-830-4777