Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月2日

「ながら運転」の厳罰化について

令和元年12月1日から、自動車や原動機付自転車を運転しながら携帯電話やスマートフォンを使用した場合の罰則等が強化されました。

運転中にスマホ等などを使用する、いわゆる「ながら運転」は重大事故を引き起こす原因になる危険な行為です。絶対にやめましょう。

携帯電話使用等(保持)

運転中にスマホ等を保持して通話したり画像を注視する行為。 

  改正前 改正後
罰則 5万円以下の罰金 6月以下の懲役
又は10万円以下の罰金
反則金 大型:7千円
普通:6千円
二輪:6千円
原付:5千円
大型:2万5千円
普通:1万8千円
二輪:1万5千円
原付:1万2千円
点数

1点

3点

携帯電話使用等(交通の危険)

運転中にスマホ等を保持して通話したり、画像を注視(保持、非保持)することによって事故を起こすなど交通の危険を生じさせる行為。

  改正前 改正後
罰則 3月以下の懲役
又は5万円以下の罰金
1年以下の懲役
又は30万円以下の罰金
反則金 大型:1万2千円
普通:9千円
二輪:7千円
原付:6千円
適用なし
(反則金制度の対象外となり、
全て罰則の対象に)
点数 2点 6点(免許停止)

「ながら運転」の危険性

運転中に、

  • スマホ等で通話する
  • カーナビに注視、操作する
  • SNSやメールのチェック、送信
  • 動画の視聴
  • ゲーム機やゲームアプリの使用

などの行為は、注意がそれたり脇見の時間が長くなる、ブレーキ操作の遅れや不安定なハンドル操作につながります。(これらの行為は一例です)

スマホ等を使用するなどして起きた事故は、使用していない場合に比べ死亡事故になる確率が約2.1倍になります。(平成30年中 警察庁資料より)

携帯電話やスマートフォンは安全な場所に停車してから使用しましょう。

お問い合わせ

県民生活部 防犯・交通安全課 総務・交通安全担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階

ファックス:048-830-4757

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?