Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 彩の国統計情報館 > 賃金・労働 > 毎月勤労統計調査 > 毎月勤労統計調査(月報、年報) > 平成24年 > 毎月勤労統計調査地方調査における指数の改訂について(平成24年)

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月8日

毎月勤労統計調査地方調査における指数の改訂について(平成24年)

1 指数の改訂について

毎月勤労統計調査における指数については、(1)基準年の変更「以下「基準時更新」という。)及び(2)30人以上規模の事業所(以下「第1種事業所」という。)の抽出替えという2つの事由により過去に遡って改訂される。

(1)基準時更新

基準時更新は、指数の基準年を西暦年の末尾が0又は5の付く年に変更する改訂のことをいい、5年ごとに行うものである。

(2)第1種事業所の抽出替えにともなう改訂(ギャップ修正)

本調査では、2~3年ごとに第一種事業所の抽出替え(調査対象事業所の入れ替え)を行っており、その際、新旧サンプルの調査結果の間に若干の差異が生じるため、調査結果に時系列的なギャップが生じるおそれがある。このギャップを残したままであると正確な時系列比較を行うことができなくなるため、原則として第一種事業所の抽出替えに併せて、過去の指数を適宜修正することとしている。この修正を通常、ギャップ修正と呼んでいる。

2 平成24年1月分調査における指数の改訂について

平成24年1月分の調査において、経済センサス基礎調査(以下「センサス」という。)の平成21年結果に基づく第一種事業所の抽出替えを行い、併せてこれまで集計に用いている母集団労働者数を、平成18年事業所・企業統計調査に基づく労働者数から平成21年センサスに基づく労働者数に変更した。

その結果、新旧調査対象による調査結果のギャップと労働者の産業構成の変動によるギャップとが生じることとなるため、この両方のギャップの修正を行い、常用雇用指数、賃金指数及び労働時間指数の改訂を行った。

また、平成24年1月分の公表から、基準年を平成22年(西暦2010年)へと更新したため、過去にさかのぼり平成22年平均を100とした指数に改訂している。

これらの改定により、過去に公表された当時の指数と、平成24年1月分以降に公表される過去の指数は一致しない。

お問い合わせ

総務部 統計課 労働学事担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?