トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 測定機器 > 誘電特性評価システム

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

誘電特性評価システム

本機器は、平成28年度経済産業省補正予算事業「地域新成長産業創出促進事業補助金(地域未来投資の活性化のための基盤強化事業)」により整備したものです。

機器番号 519
機器分類 測定機器
メーカー名 Keysight Technology 社
型番等 インピーダンスアナライザ E4990A
装置概要 センサや電子デバイスに用いられる誘電材料の誘電率および誘電損失を測定する機器。恒温槽を用いた物性の温度依存性の評価や液体の誘電率測定にも対応しているため、幅広い用途があります。
主な仕様 動作周波数:20Hz~120MHz(E4990A)
1MHz~3GHz(E4991B)
温度範囲:-55~150℃
測定対象:固体・半固体・液体
(測定可能な周波数および温度範囲は使用する測定治具により異なります)
研修レベル

3

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください

使用料(1時間当たり) 580円
装置写真 誘電特性装置

 

操作研修概要

研修日程:随時実施中(全日)

募集人数:3人程度

受講料金:4,000円

問合せ先:048-265-1380(化学技術担当)

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?