トップページ > 機器利用 > 機器一覧 > 測定機器 > 食品用熱分析システム

 

掲載日:2019年10月1日

ここから本文です。

食品用熱分析システム

機器番号 136
機器分類 測定機器
メーカー名 マックサイエンス
型番等 MTC1000S
装置概要 食品及び原材料の示差走査熱量分析(DSC)、示差熱分析(DTA)、熱重量分析(TG)を行う。
主な仕様

DSC測定:DSC3200、DTA測定、

TG測定:DTA-TG2000S、

PC制御システム(WinNT用熱分析システムWS002)

研修レベル

2

有料の操作研修の受講が必要です。詳しくは表下「操作研修概要」をご覧ください

使用料(1時間当たり) 380円
消耗品 試料容器1(シール型、アルミ浅型):70円/1個
試料容器2(オープン型、アルミ浅・深型):50円/1個
試料容器3(シール型、銀製浅型):1,950円/1個
試料容器4(シール型、銀製深型):2,570円/1個
試料容器5(オープン型、銀製浅型):660円/1個
試料容器6(オープン型、銀製深型):1,280円/1個
備考 専用サンプルセルを使用
装置写真 機器の写真

 

操作研修概要  研修日程:随時実施中 (全日)

募集人数:3人以内

受講料金:4,000円

問合せ先:048-521-0614(食品・バイオ技術担当(熊谷)) 

※本装置は北部研究所(熊谷)に設置してあります。電話:048-521-0614

※指導員の指導を受けて機器を利用する場合は、使用料の他に指導料が1時間あたり2,500円かかります。
※一部の機器は、事前に研修を受ける必要があります。詳しくは、研修の受講方法をご覧ください。
※機器の利用時に必要となる一部の消耗品については、使用量に応じて実費精算できます。詳しくは、消耗品精算をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?