Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年4月11日

在宅医療

在宅医療の推進

  今後2025年には団塊の世代が75歳以上の高齢者となり、地域において疾病や要介護状態にある高齢者数が増加することは避けられない現状です。

  このような中、高齢者ができる限り住み慣れた地域で安心して自分らしい生活が実現できるよう、医療・介護・福祉などのサービスを、関係者が連携・協力して提供する体制を整えるための取り組みが必要です。

  川口保健所では、在宅医療の推進のため、平成25年10月南部保健医療圏地域保健医療協議会の専門部会として在宅医療部会を設置しました。

  また、関係機関や一般住民を対象とした研修会や講演会を開催しています。 

南部保健医療圏地域保健医療協議会 在宅医療部会

平成28年度

平成28年5月30日に開催しました。

在宅医療部会概要

  • 平成27年度までの在宅医療部会における取組について
  • 平成27年度各機関における在宅医療の取組について
  • 平成28年度在宅医療部会における取組(案)について

平成27年度

平成27年8月3日に開催しました。

在宅医療部会概要

  • 平成26年度までの在宅医療部会における取組について
  • 平成26年度各機関における在宅医療の取組について
  • 平成27年度在宅医療部会における取組(案)について

平成26年度

平成26年6月30日と平成27年3月20日に開催しました。

在宅医療部会概要

1.平成26年6月30日

  • 平成25年度在宅医療の部会における取組と抽出された課題について
  • 県が実施した平成25年度「在宅医療・介護連携実態調査」及び「在宅医療連携ガイド」の結果について
  • 平成26年度在宅医療部会における取組について

2.平成27年3月20日

  • 平成26年度保健所が実施したアンケート調査の結果について
  • 平成26年度在宅医療部会における取組について

在宅医療研修会・講演会

平成28年度

平成28年7月29日に保健・医療・福祉等関係者向けの在宅医療研修会を、平成28年10月27日及び平成29年1月26日に多職種連携の会を、平成29年1月26日に市民向けの在宅医療講演会を開催しました。

講演会・研修会概要

1.平成28年7月29日  在宅医療研修会

  講演:「在宅医療における薬局・薬剤師の役割について」

  (1)今後の薬局、薬剤師の在り方について~患者のための薬局ビジョンを読み解く~

  (2)在宅医療への薬剤師の関与とその意義について~高齢者等の薬の飲み残し対策事業を通して~

  講師:一般社団法人 埼玉県薬剤師会 常務理事 池田 里江子 氏

 

2.平成28年10月27日  多職種連携の会

  (1)ロールプレイ:「退院調整会議の実際」 ~がん末期患者、自宅で看取りを希望している事例~

                 演者:退院調整看護師役  地域連携看護師会  世話人代表  長江明美氏

                         訪問診療医師役:杉浦医院  院長  杉浦敏之氏

                         訪問歯科医師役:川口訪問歯科センター所長  鷲頭正大氏

                         薬剤師役:マユミ薬局  薬剤師  浅見まゆみ氏

                         介護支援専門員役:地域連携看護師会  世話人  新田美幸氏

                         訪問看護師役:訪問看護ステーション  結  長谷川征子氏

                         患者家族役:地域連携看護師会  世話人  髙橋恵子氏

  (2)報告:

      ア.医療機関における退院調整の取組について

         報告者:地域連携看護師会  世話人  小野里和子氏

      イ.在宅医療を支える訪問看護師の役割について

         報告者:県南在宅訪問看護ステーション  所長  畑中伸子氏

  (3)グループワーク「在宅で看取ることについてそれぞれできることは何か?」

 

3.平成29年1月26日  在宅医療講演会・多職種連携の会

  (1)在宅医療講演会:

      ア.報告:「わたしらしく・・わたしのまちで・・暮らし続けるために知ってほしいこと

                                      ~高齢化社会に向けて~」

          報告者:川口保健所 安達昭見(保健師)

      イ.講演:「畳の上で大往生!!」

          講師:医療法人財団啓明会  中島病院  院長  中島昌人氏

  (2)多職種連携の会

      ア.報告:「在宅医療連携拠点の活動状況について」

          報告者:川口市在宅医療サポートセンター  コーディネーター  矢島とし子氏

                     蕨戸田市在宅医療支援センター  コーディネーター  矢作伸子氏

      イ.グループワーク「在宅医療連携拠点の活かし方」 

 

平成27年度

平成27年9月28日に保健・医療・福祉等関係者向け研修会を、平成28年2月26日に市民向けの講演会を、平成28年3月17日に多職種連携の会を開催しました。

講演会・研修会等概要

1.平成27年9月28日 

(1)講演:「在宅医療において何故多職種連携が必要なのか?」~連携を促進するために必要なこと~

       講師:独立行政法人国立病院機構東埼玉病院内科・総合診療科医長今永光彦氏

(2)報告:「医療と介護の連携の実際」~退院時共同指導説明書について~

       報告者:地域連携看護師会世話人長江明美氏

 

          報告:「医療と介護の実際」 ~退院時共同指導説明書を活用して~

       報告者:オレンジケア居宅介護支援事業所介護支援専門員北村孝氏

 2.平成28年2月26日 

(1)報告:「川口保健所管内在宅医療を取り巻く状況について」

       報告者:川口保健所 広域調整担当 担当部長 安達昭見

(2)講演:「在宅医療を考える!」~病院で死ぬこと、自宅で死ぬこと~

       講師:医療法人社団杉浦医院 院長 杉浦敏之氏

 

3.平成28年3月17日

(1)報告:「在宅医療にかかわるそれぞれの立場から職種のPR」~お互いの職種(強み)を知ろう~

  • 歯科医師の立場から白根歯科医院 院長 白根雅之氏
  • 薬剤師の立場から金子ファーマシー 管理薬剤師 金子裕子氏
  • 介護支援専門員の立場から戸田市社会福祉協議会 介護支援専門員 飯田直子氏
  • 医師の立場から杉浦医院院長杉浦敏之氏

(2)グループワーク

平成26年度

平成26年10月30日に市民向けの講演会を、平成27年1月19日に保健・医療・福祉等関係者を対象に研修会を開催しました。

講演会・研修会概要

1.平成26年10月30日

   講演「最期まで在宅は可能か?~在宅医療・在宅ケアの可能性~」

   講師 ノンフィクション・ライター 中澤まゆみ 氏

2.平成27年1月19日

講演「今後の在宅医療・介護の連携推進に関する国の施策」

   講師 厚生労働省医政局地域医療計画課在宅医療推進室 室長補佐 奈倉道明 氏

 

   講演「在宅医療・介護に関わる関係機関の連携構築について」

   講師 一般社団法人坂戸鶴ヶ島医師会 会長 小川郁男 氏

川口保健所管内病院在宅医療情報

平成26年7~9月に在宅医療実施状況と課題の把握を目的にアンケートを実施しました。対象となる28病院すべてから回答を得ることができました。アンケート結果から得た病院在宅医療情報を掲載します。

※なお、掲載されている情報は、平成27年2月末日時点の内容となります

川口市(PDF:244KB) 戸田市(PDF:158KB) 蕨市(PDF:130KB)

診療科略号(PDF:52KB)

川口保健所管内診療所在宅医療情報

  平成27年9月に在宅医療実施状況と課題の把握を目的にアンケートを実施しました。アンケート結果から得た診療所在宅医療情報を掲載します。

※なお、掲載されている情報は、平成27年9月末日時点の内容となります。

川口市(PDF:336KB) 戸田市(PDF:154KB) 蕨市(PDF:143KB)

住所・診療科略号(PDF:125KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 川口保健所 広域調整担当

郵便番号333-0842 埼玉県川口市前川一丁目11番1号

電話:048-262-6111

ファックス:048-261-0711

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?