Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年1月11日

有機溶剤

1.特色

有機溶剤とは、塗料用のラッカー・シンナーや接着剤のボンドなどで、日常生活で誰もが手に入れやすいため、青少年などの乱用が問題になっている。最近では、シンナーよりも純度の高いトルエンの乱用が急増している。

これらの有機溶剤には麻酔性があり、気化したものを吸い込むと中枢神経に強く作用して急激な酩酊状態(酔っ払った状態)となる。不安や緊張感が弱まり、興奮状態の中で、幻覚、知覚異常をおこす。長期に吸っていると筋肉の萎縮による歩行困難、視力の低下、脳の萎縮による痴呆の症状などが現れる。

有機溶剤を乱用すると、自分が偉大な人間になったような気持ちになる。しかし効果が失われると極度の疲労感と孤独感に見舞われるようになるため、そこから逃げるために、さらに乱用を繰り返すようになる。すると徐々に幻覚や幻視は被害妄想へと発展していく。それによって、突然周囲の人に乱暴をはたらくこともある。生活は自堕落になり、自分勝手な考え方しかできなくなる。

こうした神経へのダメージは、決してもとに戻ることのない致命的な障害となる。

2.俗称

シンナー、トルエン、ベンゼン、キシレン、エナメル、ラッカー等

 

 

 

シンナーなどの有機溶剤

 

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 薬物対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3633

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?