Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年1月11日

幻覚剤 LSD

1.特色
ライ麦の麦角菌から作る合成薬物で、無臭、無色、無味で極めて微量で効果があり、判明している乱用薬物中では、最も強力なものである。

純粋な形態では透明な結晶だが、液体の形で製造することも可能で、錠剤、カプセル、角砂糖、吸い取り紙、ゼラチンなどに簡単に形を変えることができ、切手、チューインガム、菓子などに、たった一滴でも垂らせば、たちまち幻覚の世界へ引きずり込まれてしまう。

乱用すると、次々とめまぐるしく躁鬱(そううつ)の状態が繰り返し起こっていく。また、他のドラッグに比べて脅迫観念が大変強いのも特徴である。

幻聴・幻覚・精神異常をきたし、たとえば壁の絵が動いている、天井のシミが人に見える、という気が狂いそうな症状が起こる。その他ひどいことになると、飛べると思いこんでビルの窓から飛び降りたり、力がみなぎったような錯覚から、電車を止められると思い込み、電車に飛び込み、死に至るケースもある。

幻覚が体から完全に消失しても、フラッシュバック(再燃現象)を断片的に経験することがある。こうした作用は、日常生活の中の、ちょっとした精神的なストレスや抗ヒスタミン剤の使用、更には、音楽やネオンサインの光などが引き金となって顕れる場合がある。


2.俗称
エル、ペーパー、アシッド など

LSDの紙片

キャラクター図柄のLSDの紙片

画像は、警察庁広報室に許可をいただき、『けいさつのまど No.132(特集号)』から転載しています。

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 薬物対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3633

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?