Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 福祉 > 社会福祉施設について > 社会福祉施設子育て支援事業補助金について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月14日

社会福祉施設子育て支援事業補助金について

趣旨

コバトン

県は、社会福祉施設の職員が出産又は傷病のため、長期間にわたって継続する休暇を必要とする場合において、当該職員の勤務を行わせるための産休等代替職員の臨時的任用を促進し、もって職員の母体の保護、又は専心療養の保障を図りつつ、施設における児童等の処遇を確保することを目的とし、当該施設の設置者に対し、毎年度予算の範囲内において補助金を交付します。
また、家庭と仕事の両立を支援し、福祉人材の定着化をすすめることを目的とし、社会福祉施設の職員が育児短時間勤務をすることに対応するため、職員を加配した当該施設の設置者に対し、毎年度予算の範囲内において補助金を交付します。

 

補助対象とならない場合にご注意ください

 産休・病休職員が、休暇中に無給・減給となる場合は、補助の対象となりません。当補助金は、休暇職員と代替職員の両方に給与を支払うことによる施設の経済的負担を軽減する目的もありますので、休暇職員に休暇中も給与を支払うことが必要です。

 

平成30年度の協議受付を開始します

 補助金の交付申請をされる場合は、下記のとおり、協議書及び申請予定事業内訳書を提出してください。昨年度から引き続きの案件がある法人は、平成30年4月1日付けとして提出してください。その際に産休職員が既に出産済の場合は、協議書様式内の「出産予定日」を「出産日」としてください。(出産前の日数計算を除きます。)

 また、産休等代替職員費の補助額が変わりますので、ご注意ください。(旧年度の様式は使えません。)

  • 平成29年度(変更前):全日6,760円、半日:3,380円 
  • 平成30年度(変更後):全日6,968円、半日:3,484円

 

協議・申請の手続(産休・病休代替の場合)

  1. 協議書の提出(原則、代替職員の勤務開始10日前まで)
    代替職員の勤務予定を事前にお知らせいただきます。
  2. 補助金交付申請及び実績報告(代替職員の勤務完了後)
    代替職員の勤務実績と賃金の支払い内容を確認させていただきます。
  3. 請求→補助金交付
    請求書をお送りいただき、指定の口座に補助金をお支払いします。

書類の提出先

    〒330-9301
    さいたま市浦和区高砂3-15-1
    埼玉県福祉部社会福祉課 施設指導・福祉人材担当

補助金交付要綱及び事務取扱要領

補助金交付要綱

        社会福祉施設子育て支援事業補助金交付要綱(PDF:153KB)

補助金事務取扱要領

        社会福祉施設子育て支援事業事務取扱要領(PDF:103KB)

 

各種様式

協議書様式

 

 

申請書及び実績報告書様式

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 社会福祉課 施設指導・福祉人材担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3225

ファックス:048-830-4782

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?