Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 税金 > 制度の概要 > ふるさと納税 > 寄附金は、何に使われるのですか

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月13日

寄附金は、何に使われるのですか

埼玉県では、皆様からのご寄附と県からの拠出金を積み立て、以下の基金事業を実施しております。基金名をクリックしていただくと、各基金のホームページをご覧いただけます。是非、ご利用ください。

みどりを守り、創り、育てます。 彩の国みどりの基金 県みどり自然課

平成20年4月からスタートした基金です。

《埼玉県の豊かな自然を次の世代に引き継ぐ》という思いを形にしようと、「彩の国みどりの基金」を設けました。この基金は、皆様にお支払いいただいた自動車税の一部(1台あたり約500円)と皆様からの寄附を基にして、埼玉の「みどり」に関する次の取り組みに活用します(一例です)。

  • (1)森林の整備・保全
    森林の持つ公益的な機能を維持、発揮させるため水源地域の森林を針葉樹と広葉樹の混交林広葉樹の森に整備したり、荒廃した平地林を再生しています。
    また、森林の循環利用を促進させる取組やシカなどによる獣害対策を行っています。
  • (2)身近な緑の保全・創出
    小学校、幼稚園、保育園の校庭・園庭の芝生化や駐車場緑化など、身近な公共・民間施設の緑化を推進しています。
  • (3)環境に関する意識の醸成
        みどりの保全・創出活動への支援や幅広い年代への普及啓発などに取り組んでいます。
       
再生前 再生後
林内が暗く下草が減り土壌流出の恐れがある森林の写真 整備された針広混交林化しつつある森林の写真
林内が暗く下草が減り土壌流出の恐れがある森林 整備された針広混交林化しつつある森林

ページの先頭へ戻る

優れた自然を後世に残します。 さいたま緑のトラスト基金 県みどり自然課

県では、埼玉の優れた自然や貴重な歴史的環境を、県民共有の財産として県民のみなさま方とともに末永く保存していくため、さいたま緑のトラスト運動を展開しています。
緑のトラスト運動は、県民の皆さんから広く寄附を募り、それを資金として土地等を取得し、埼玉の優れた自然や貴重な歴史的環境を県民共有の財産として末永く保全していこうという運動です。昭和59年に「さいたま緑のトラスト協会」が発足し、翌60年に「さいたま緑のトラスト基金」が設置され、現在、この両者が一体となって運動をすすめています。
これまでに、「緑のトラスト保全地」として県内13か所の豊かな自然が残った土地を地元市町村とともに取得し、多くの方々の御協力により保全を図っています。

「緑のトラスト保全地」のご紹介((公財)さいたま緑のトラスト協会HPへのリンク)

多くの皆様の一層のお力添えをお願いいたします。

緑のトラスト保全第13号地(伊奈町)

《緑のトラスト保全第13号地(伊奈町)》

ページの先頭へ戻る

NPO活動を促進します。 埼玉県特定非営利活動促進基金(埼玉県NPO基金) 県共助社会づくり課

「埼玉県NPO基金」は、《日本一のNPOが活動できる県づくり》を目指して、平成16年にNPOの活動を支援するために創出したものです。
「民」が「民」を支援する仕組みとして、広く民間からのご寄附をお願いし、県からの拠出金と合わせて、NPO活動を促進するための事業の財源としています。
ご寄附にあたっては、次の3つから、お好きな方法をお選びいただけるようになっています。

  • (1)団体希望寄附
    具体的に支援したい団体が決まっている場合や、活動内容に共感できる団体を支援したい場合
  • (2)分野希望寄附
    興味のある活動分野がある場合や、一定の活動分野の団体を支援したい場合
    ※50万円以上の分野希望寄附をいただいた方は、県の助成事業の名称に愛称を付けていただく「ネーミング事業」がご利用いただけます。
  • (3)一般寄附
    特定の団体や活動分野ではなく、NPOを広く支援したい場合
    NPO活動に対する皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

コバトンの画像

ページの先頭へ戻る

文化・芸術の振興を促進します。 埼玉県文化振興基金 県文化振興課

文化芸術は、生活に潤いと安らぎをもたらしてくれます。そして、文化芸術は、鑑賞するだけではなく自ら参加することで、より広くて深い豊かさを私たちにもたらしてくれます

「埼玉県文化振興基金」は、県民の皆様の文化活動をより一層活発にするための支援を行っています。どうか基金の拡充にご支援、ご協力くださいますようお願いいたします。

この基金は次のような取り組みに活用します。

  • (1)埼玉県文化振興基金助成事業
    美術、音楽、演劇などの文化活動を自主的、自発的に行うアマチュア文化団体等や、文化を担う人材を育成するNPO等の活動に対して助成を行います。
  • (2)アーティストボランティアコンサート事業
    ボランティアで演奏くださる音楽家の協力を得て、社会福祉施設や病院でコンサートを実施します。長期にわたり入所・入院するなど、コンサート会場に出かけることが困難な方が身近なところで音楽を鑑賞する機会を提供します。

コバトンが指揮をしている画像

ページの先頭へ戻る

地域社会の保健福祉活動を推進します。 埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金 県福祉政策課

子どもからお年寄りまで誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせる社会を目指し、社会福祉を進める様々な活動に、「埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金」を役立ててまいります。

共に支え合う社会づくりのため、どうか一層のご支援、ご協力をお願いいたします。

この基金は、次のような取り組みに活用します。

コバトンが車いすを押している画像

ページの先頭へ戻る

特色ある教育環境の整備を実施します。埼玉県教育環境整備基金 県教育局財務課

埼玉県教育環境整備基金は、各学校が地域のみなさまの支援を受けながら、自校の特色化を進めていくために創設したものであり、「自助」の取組を推進するものです。

県立学校の「特色化」を図るための施設設備の整備・充実を図るために、各学校が自ら知恵を出して「教育環境整備充実プラン」(特色化プラン)を策定しました。各学校が寄附を募り、目標額を達成した時点で予算事業化し、特色ある教育環境の整備を実施します。 

  • (1)広く県立学校を支援したい(寄附A)
     特定の県立学校を指定しない寄附です。    
  • (2)特定の県立学校を支援したい(寄附B)
    「教育環境整備充実プラン」を策定した県立学校を指定する寄附です。
    受け入れた寄附金の8割に相当する額を当該学校のプランのための経費に充て、残り2割に相当する額は、特定の県立学校を指定しない寄附に充てさせていただきます。
    また、寄附Bを募集している県立学校で、寄附金が募集金額に達しなかった場合、寄附Aに充当することがあります。

 コバトンが寄附をしている画像

  •  

 

ページの先頭へ戻る

※ 埼玉県グローバル人材育成基金は、平成28年度をもって終了いたしました。
ご協力ありがとうございました。

 

お問い合わせ

総務部 税務課 総務・企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階

電話:048-830-2651

ファックス:048-830-4737

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?