ここから本文です。

曙ブレーキ工業株式会社

介護のための支援の取組

多様な働き方実践企業 プラチナ認定企業

取組内容

充実した介護休職制度

休職援助金の支給

社員のライフプランをサポート

節目の年齢でライフプランセミナーを開催
冊子の配布、専用サイトでの情報発信による社員の意識啓発や制度の周知
5年ごとの人間ドックは配偶者まで無償

取組の効果

  • 直近3年間では、介護休職制度の利用者が3名。実際の利用者からは、「周りの理解もあり、制度が利用しやすくてありがたい」といった声が聞かれている。
  • 各自の置かれている状況によって求められる条件が異なるが、短時間勤務制度と合わせると最長5年間あるので、まずは現在の制度を知ってもらい、今後も社員には有効活用してもらいたい。

苦労した点

休職期間の検討が難しかった。期間を長く設定しても無給の期間が長引くだけなので、社内で議論し共済会の休職支援金とのバランスも考えて設計した。
今後も、運用状況を見ながら、制度の見直しを行っていく。

取組のポイント

  • 今後の大きな課題となる介護問題に対応するため、社員が安心して働けるよう、平成24年(2012年)に制度を見直し、休職期間を1年から2年に延長。
  • 休職中は、共済会から休職援助金として標準報酬月額の3/4を支給。
  • 社員への意識啓発のため、ライフプランセミナーの開催や仕事と家庭の両立に役立つ冊子を配布。いざというときに活用できるように、日頃から、各種制度への理解促進を行っている。

曙ブレーキ工業株式会社

所在地 〒348-8508 羽生市東5-4-71
社員数 1,188名(男性1,025名 女性163名)
業種 製造業
事業内容 各種ブレーキ及びその構成部品・関連部品の製造・販売・研究開発
URL http://www.akebono-brake.com/

曙ブレーキ工業株式会社の画像

埼玉版ウーマノミクスサイト~人材確保・社員定着に効果的な「女性活躍推進」~へ戻る