• トップページ
  • センターの概要
  • 施設の利用
  • 講座・イベント
  • 情報ライブラリー
  • 相談室
  • 活動支援

講座・イベント > 講座終了報告 > 平成25年度 > 田部井淳子さん講演会「いつも心に夢を~私らしく輝くヒント~」

ここから本文です。

ページ番号:44728

掲載日:2014年3月31日

田部井淳子さん講演会「いつも心に夢を~私らしく輝くヒント~」

日時

平成26年2月9日(日曜日) 14時から15時30分

場所 埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま) 視聴覚セミナー室
参加者

118人

内容

田部井淳子さん

「いつも心に夢を」~大切なのは小さなこの一歩~

 登山家・田部井淳子さんをお招きして、世界最高峰のエベレストに登頂したときのエピソードや、東日本大震災の被災者支援についてお話を伺いました。
 被災した高校生を富士登山に招待するプロジェクトでは、多感な時期にさまざまな心の傷を負った東北の高校生たちに地元・富士吉田市の高校生も加わって山頂を目指したのこと。「この体験が東北の復興の力になると信じて、これからもプロジェクトを続けていきたい」と述べられました。
 また、世界各国の最高峰の登山を続けている田部井さんは「もっともっと密度濃く生きて、自分自身の歴史を豊かなものにしたい」と熱く語りました。 


田部井淳子さん

プロフィール 田部井 淳子(たべい・じゅんこ)

1939年、福島県三春町生まれ。62年、昭和女子大英文科卒業。69年「女子だけで海外遠征を」を合言葉に女子登攀(とうはん)クラブを設立。75年、エベレストに女性で世界初の登頂。92年、女性で初の七大陸最高峰登頂者となる。現在も年に数回、海外登山に出かけるなど多忙な生活を送るなか、故郷・福島の被災者支援に力を注いでいる。平成24年度第8回「さいたま輝き荻野吟子賞」受賞。 

参加者の声

  • 明るく、楽しく、前向きな田部井さんの姿に、流されるままに生きている日常にカツを入れてもらった気がした。(70代・女性)
  • エベレスト登頂のスライドを観て、たいへんな困難を超えて登頂されたことに感銘した。(60代・女性)
  • 残された人生を自分らしく有意義に過ごし、田部井さんのように「楽しかった、やるだけやった、生まれてきてよかった」と思いながらこの世を去りたいと思った。(60代・女性)

 

お問い合わせ

県民生活部 男女共同参画推進センター 事業・相談担当

郵便番号330-0081 埼玉県さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3階

ファックス:048-600-3802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?