トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 環境部 > 環境部の地域機関 > 東部環境管理事務所 > 野生鳥獣~こんなとき、どうしたらいいの?

ページ番号:113491

掲載日:2019年1月30日

ここから本文です。

野生鳥獣~こんなとき、どうしたらいいの?

 野生鳥獣に関するお困りのこと

1.野鳥(ヒナ)を拾ったが
どうしたらいい?

2.ケガ・病気の野生鳥獣
見つけたのですが…

3.死亡した鳥
見つけたのですが…

4.タヌキが家屋に
出入りして困っています

落下したヒナ鳥

ケガをした野鳥

死亡した野鳥

タヌキ

5.アライグマが家屋に
出入りして困っています

6.ハクビシンが家屋に
出入りして困っています

7.カラスを駆除して
ほしいのですが…

8.ドバトに巣を作られて
困っています

アライグマ

ハクビシン

カラス

ドバト

落下したヒナ(小)Q1 野鳥(ヒナ)を拾ったのですが、どうしたらいいでしょう?

野生鳥獣は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(以下「鳥獣保護管理法」という)等により保護されており、
原則として、捕獲することや飼養することはできません。

→詳しくは「野鳥を拾わないでください」へ

 

けがをした野鳥(小)Q2 ケガをした(あるいは病気の)野生鳥獣を見つけたのですが・・・

ケガが明らかな場合や希少種である場合など、緊急に保護しなければならないと判断できる場合は、
環境管理事務所又はみどり自然課までご連絡ください。

上記部所にて治療が必要と判断した場合は、指定診療機関(動物病院)に搬送して治療します。
保護された方には、搬送にご協力をお願いいたします。(幼鳥・幼獣は対象外です)

注)カラス、ドバトについては、保護・治療をおこなっておりません。

 

死亡した野鳥(小)Q3 死亡した野鳥を見つけたのですが・・・

鳥インフルエンザ・ウイルスを始めとする様々な病原体をもっている可能性がありますので、素手で触らず、速やかに発見場所を管轄する県環境管理事務所にご相談ください。

→詳しくは「野鳥における鳥インフルエンザについて」へ

 

タヌキ(小)Q4 タヌキが家屋に出入りして困っています・・・

捕獲するには鳥獣保護管理法による許可が必要です。
ただタヌキがいるというだけで捕獲許可を受けることはできません。

(追い払いたいとき) 

 

  • タヌキがエサを獲りに行なったときを見計って、住処となっている場所を金網でふさぐなどして、
    別の場所に移動させます。
  • タヌキの巡回路はおおむね決まっており、常に同じ場所でフンをする習性があるため、
    寄りつく場所を清掃するだけでも効果があります。
  • 出入り口にライトをつけます。

アライグマ(小)Q5 アライグマが家屋に出入りして困っています・・・

アライグマは、生態系や農作物等に被害を引き起こすとして、外来生物法の特定外来生物に指定されています。

(特定外来生物に指定されると、法律により、飼育・保管・運搬及び輸入などが原則禁止されます。)

埼玉県でも近年で生息数が爆発的に増加しており、防除実施計画を立て市町村等と連携しながら
アライグマを根絶するための対策を行っています。

市町村等では、よりスムーズに捕獲ができるようになっています。詳細は、お住まいの市町村へお問合せください。

 

ハクビシン(小)Q6 ハクビシンが家屋に出入りして困っています・・・

ハクビシンもアライグマと同じ海外から持ち込まれた動物ですが、
アライグマとは違い特定外来生物になっていません。

しかし、アライグマと同様農作物被害等の問題を引き起こしています。
詳細については、お住まいの市町村へお問合せください。

 

カラス(小)Q7 カラスを駆除してほしいのですが・・・

人に迷惑をかけるカラスといえども、野生鳥獣です。
狩猟または鳥獣保護管理法による捕獲許可がある場合を除き、捕獲することは禁止されています。

野生鳥獣による生活環境被害を防止するため、鳥獣保護管理法による有害鳥獣捕獲も考えられます。
この場合、被害を受けている道路・公園等の公共の場所においては管理者が、私有地については土地や建物の
所有者などの個人が、市町村に申請をして許可を受けた上で、直接専門業者に依頼した場合は、かかった費用は
自己負担することになります。

 

ドバト(小)Q8 ドバト(カワラバト)に巣を作られて困っています・・・

「ハトが家屋に巣を作ったがどうしたらよいか?」との相談は、4~8月に多くあります。
ドバトといえども巣に卵やヒナがいるときは、鳥獣保護管理法により、卵やヒナを取り除くことは禁止されています。

ただし、巣の作り始めや巣立った後の空になった巣については、取り除いても問題はありません。
まずは卵やヒナがいるか確認し、卵やヒナがいる場合は、基本的には巣立ちを待って巣を撤去してください。
また、家屋に巣を作られたという相談は、スズメについても多く寄せられますが、ハトと同様に対処してください。


 

お問い合わせ

環境部 東部環境管理事務所  

郵便番号345-0025 埼玉県北葛飾郡杉戸町清地五丁目4番10号

ファックス:0480-34-4785

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?