ページ番号:152480

掲載日:2022年9月6日

ここから本文です。

「NPO法人みやび」の活動紹介

グループホームや介護保険サービス事業を行っているNPO法人みやびを取材しました。

今回は秩父市小柱にあるグループホームを訪問し、内田眞里子代表理事からお話しを伺いました。

内田代表理事へのインタビュー

活動をはじめたきっかけは?

障がいを持つ親として、既存の各福祉団体が行っているグループホームは、定員や運営方針に制約があり、希望を出しても中々受け入れが難しい現状がありました。

そこで、介護福祉士の資格を取得し、介護ヘルパーをやっていた経験があったことから、少しでも多くの人たちが希望を持ち、不安なく地域で安心して生活できるよう支援がしたい、との想いから法人を設立することにしました。 

 NPO法人みやび みやび

活動を実施していて印象に残っていることは?

利用者の方には、自由に思い通りやらせてあげる方針を取っています。

ある日、利用者から「ここの施設以外には行きたくない」といった声をいただきました。

日頃から利用者の方は自分の家族のような存在であると感じているため、その言葉がとても印象的で嬉しかったことを覚えています。

また、施設のみんなで、一年に一回は旅行に出かけており、最近では「横浜中華街」や「東京スカイツリー」に出かけました。

利用者の方は、普段外出する機会が少ないことから、毎回の旅行をとても楽しみにしているので、今後も継続していきたいと考えています。

今後の課題や目標は?

障がいを持つ方自身やその家族が、悲観的な気持ちにならずに前向きに、地域に溶け込んで生活して欲しいと思っています。

そのため、地域住民が障がい者に対して偏見を持たず、正しく理解するため、交流する機会をつくることが重要であると考えています。

今後、地域のイベント等にも参加し、交流することができればと思っています。

また、現在のグループホームの定員に限界があるため、新しいグループホームを建設予定で、うまく軌道に乗せて運営していくことが課題です。

代表理事

 

お問い合わせ

企画財政部 秩父地域振興センター 総務・防災・県民生活担当

郵便番号368-0042 埼玉県秩父市東町29番20号 埼玉県秩父地方庁舎1階

ファックス:0494-24-1741

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?