ページ番号:13859

掲載日:2020年12月23日

ここから本文です。

明治神宮の森

河原井のクスノキ写真

河原井のクスノキ(手前)

明治神宮の森写真

多様な木々が生い茂る

落ち葉はすべて森に戻す

本多静六が技術と情熱を注いだ人工の森。大正9年(1920)に造られて以来、天然更新による生長を続けています。参道入口の鳥居の右脇には、静六の故郷・河原井(現在の久喜市)から献木されたクスノキが立っています。

静六が残した清掃して集めた落ち葉はすべて林苑内に戻すという管理方法は、今も職員に受け継がれています。

所在地

東京都渋谷区代々木神園町1

アクセス

  • 原宿駅から徒歩2分
  • 明治神宮前駅から徒歩2分

文化財指定等

本多静六について(参考ホームページ)

お問い合わせ

企画財政部 東京事務所  

郵便番号102-0093東京都千代田区平河町2-6-3 都道府県会館8階

ファックス:03-5212-9105

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?