Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月29日

事業の効果

対策の効果事例

これまで埼玉県が整備してきた河川や調節池などが発揮した効果について、事例を紹介します。

令和元年東日本台風

令和元年東日本台風は、令和元年10月12日19時前に大型で強い勢力で伊豆半島に上陸した後、関東地方を通過し、13日未明に東北地方の東海上に抜けました。

埼玉県内では、気象台14観測所のうち11観測所で既往最大の降雨を記録するなど、大規模な被害をもたらした過去の台風に肩を並べる雨量となりました。

河川整備の効果

〇河川整備の効果(浸水被害と河川整備率の関係)(PDF:126KB)

ハード対策による効果

〇調節池の効果事例(PDF:610KB)

〇県管理ダムの効果(PDF:1,213KB)

〇芝川第一調節池の効果事例(PDF:742KB)

〇芝川第七調節池の効果事例(PDF:2,532KB)

〇和田吉野川河川改修事業の効果事例(PDF:2,383KB)

ソフト対策による効果

〇土砂災害に対する警戒避難の効果事例(PDF:615KB)

〇洪水に対する警戒避難の事例(PDF:531KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部 河川砂防課 荒川中流・小山川流域担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎3階

ファックス:048-830-4865

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?