トップページ > しごと・産業 > 建設業 > 公共工事 > 工事情報共有システム(ASP)の導入について

ページ番号:195349

掲載日:2021年6月28日

ここから本文です。

工事情報共有システム(ASP)の導入について

埼玉県県土整備部発注の土木工事にて、工事情報共有システムの試行を開始します。

工事情報共有システム(ASP)とは、インターネットを利用して、受発注者間で工事施工中に関する情報を共有し、相互利活用できるシステムです。

1.試行対象工事

対象とする工事は、原則、当初設計金額60,000千円以上の工事または受注者が希望する工事とします。ただし、工事の内容や規模、地域要件等を勘案し、やむを得ない理由があると認められる場合は、受発注者間の協議のうえ対象外とすることができます。なお、試行工事の対象である場合は、特記仕様書に明示し発注します。

2.適用年月日

令和3年4月1日から適用開始し、段階的に対象工事等を拡充していきます。

3.試行要領等

1.埼玉県県土整備部情報共有システム試行要領(PDF:176KB)

2.情報共有システム試行対象書類一覧表(PDF:100KB)

3.ASP導入スケジュール(PDF:289KB)

4.埼玉県遠隔臨場試行要領(PDF:865KB)

5.情報共有システム導入チラシ(PDF:1,734KB)

Q&A

Q&A(PDF:323KB)

お問い合わせ

県土整備部 建設管理課 土木積算・建設IT担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎2階

ファックス:048-830-4868

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?