ページ番号:4578

掲載日:2021年6月21日

ここから本文です。

渋沢栄一賞

新規・更新箇所第20回渋沢栄一賞の募集を開始しました。

詳細はこちら↓をクリックしてください。

新規・更新箇所第20回(令和3年度)渋沢栄一賞 募集案内

渋沢栄一賞とは 

渋沢栄一翁肖像

渋沢栄一翁は、江戸の末期から明治の激動の時代にあって近代日本の産業経済の礎を築いた、日本が誇る偉人です。

多くの企業の設立や育成に携わる一方で、福祉や教育などの社会事業にも尽力した渋沢栄一の生き方や功績を顕彰するとともに、今日の企業家のあるべき姿を示すため、渋沢栄一の精神を今に受け継ぐ全国の企業経営者に渋沢栄一賞をお贈りしています。

渋沢栄一翁について

フランス・パリでの渋沢栄一 シルクハット

本県が誇る偉人、深谷市出身の渋沢栄一翁は、天保11年(1840年)に生まれました。
幕末の動乱期に一橋家に仕えた渋沢翁は、27歳の時にフランスへ渡り、そこで、西欧の進んだ政治、経済、文化を目の当たりにします。
帰国後の渋沢翁は、明治新政府で大蔵省に仕えますが、程なく実業界へと転身し、多くの企業の設立やその育成に尽力し、「日本近代経済社会の父」と呼ばれました。
また、渋沢翁はその一方で、福祉や教育などの社会事業にも熱心に取り組み、病院や教育施設の整備のほか、災害救援や国際親善にも大きな功績を残しました。
『論語』を模範とし、常にその精神を尊重してきた渋沢翁は、営利の追求も、資本の蓄積も、道義に合致し、仁愛の情にもとらぬものでなければならないとする「道徳経済合一説」を唱えました。
偉大な経済人であると同時に、生涯を通じて一人の人間としても優れた道徳を持ち続けた翁の思想は、今日の私たちの生き方にも、多くの示唆を与えています。

洋装の栄一

栄一が設立に関わった第一国立銀行(錦絵)

渋沢翁が設立に関わった第一国立銀行(錦絵)

<参考> 渋沢翁については、彩の国の偉人ホームページでも紹介しています。
埼玉の偉人ホームページ

これまでの受賞者一覧

これまでの受賞者一覧(PDF:202KB)

第19回(令和2年度)渋沢栄一賞受賞者

第19回(令和2年度)渋沢栄一賞受賞者について

第18回(令和元年度)までの渋沢栄一賞受賞者

第18回(令和元年度)までの渋沢栄一賞受賞者

関連する情報

お問い合わせ

産業労働部 産業労働政策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4818

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?