トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 病院・医療機関向け情報 > 新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等における外国人患者の受入れ体制確保事業補助金について

ページ番号:197509

掲載日:2021年10月22日

ここから本文です。

【交付要綱を改正しました】新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等における外国人患者の受入れ体制確保事業補助金について

事業実施概要

1.趣旨

新型コロナウイルス感染症患者等を受け入れる医療機関における新型コロナウイルス感染症患者等である外国人について、院内等での感染拡大を防ぎながら、多様な言語や宗教・文化的背景への配慮等外国人特有の課題に対応した入院治療・療養が可能な体制を整備し、国籍に関わらず適切な入院治療・療養が提供される環境を確保することを目的とします。

事業の詳細については、埼玉県新型コロナウイルス感染症患者等入院医療機関等における外国人患者の受入れ体制確保事業補助金交付要綱(PDF:551KB)事業に関するQ&A(PDF:487KB)を御確認ください。なお、本補助金の国交付要綱が令和3年10月1日付けで改正されたことに伴い、県交付要綱も改正しています。ご注意ください。

2.補助対象医療機関

埼玉県が選出する外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関(選出予定を含む。詳細は別紙「外国人患者を受け入れる拠点的な医療機関について(PDF:83KB)」を参照)かつ、新型コロナウイルス感染症患者等を受け入れる医療機関です。

※「新型コロナウイルス感染症患者の受入れを行う医療機関」とは、次に掲げる医療機関とする。

(1)入院を要する救急患者に対応可能な次の医療機関

  • 感染症指定医療機関
  • 新型コロナウイルス感染症の患者のための病床を確保している、もしくは、埼玉県の調整等に応じて入院患者等の受入れを行う意向がある医療機関

3.補助対象事業の対象経費

令和3年4月1日から令和3年9月30日までに実施する下記に係る費用

                                          12月31日

外国人患者の受入れにあたり必要な、外国人特有の課題に対応した入院治療・療養が可能な体制の整備、感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する費用

(賃金、報酬、謝金、会議費、旅費、需用費(消耗品費、印刷製本費、材料費、光熱水費、燃料費、修繕料、医薬材料費)、役務費(通信運搬費、手数料、保険料)、委託料、使用料及び賃借料、備品購入費)

ただし、従前から勤務している者及び通常の医療の提供を行う者に係る人件費は除く。

4.基準額及び補助率

(1)基準額

1施設当たり10,000,000円

(2)補助率

10分の10(1,000円未満切り捨て)

申請方法等

1.申請方法

対象となる医療機関で、補助を希望する場合は、下記の資料を期限までに電子データと郵送(1部)で提出ください。

(4)歳入歳出予算書抄本

※選出済みの医療機関で現登録内容に変更がない場合は、提出不要

(6)担当者連絡先(様式任意)

2.申請期間

令和3年10月21日(木曜日)~令和3年11月30日(火曜日)【必着】

3.申請書類提出先

〒330-9301

さいたま市浦和区高砂3-15-1

埼玉県 保健医療部 医療整備課 地域医療対策担当(救急医療担当)

電話:048-830-3559    E-mail:a3530-12(at)pref.saitama.lg.jp  ※(at)は@に置換えてください。

4.留意事項

申請後の事務の流れは以下のとおりです。

(1)県から事業者に交付決定通知(12月中旬予定)

(2)事業者から県へ実績報告の提出(12月末まで)

(3)県から事業者に補助金確定通知(令和4年1月)

(4)事業者から県への請求書提出(確定通知後)

(5)県から事業者への支払い(確定通知後)

実績報告書提出の際には、領収書・納品書・契約書等の証拠書類(写し)を提出していただくこととなりますので、保管をお願いします。

要綱等

※本補助金の国交付要綱が令和3年10月1日付けで改正されたことに伴い、県交付要綱も改正しています。ご注意ください。

 

 

お問い合わせ

保健医療部 医療整備課 地域医療対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4802

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?