トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の芸術文化 > 埼玉県障害者アートフェスティバル開催実績 > 第12回埼玉県障害者アートフェスティバル(令和3年度・2021年度) > 第11回近藤良平と障害者ダンスチーム「ハンドルズ」による公演『今日はきみ こんどはぼくが あいにいく』

ページ番号:225549

掲載日:2022年11月21日

ここから本文です。

第11回近藤良平と障害者ダンスチーム「ハンドルズ」による公演『今日はきみ こんどはぼくが あいにいく』

ダンス集団「コンドルズ」の主宰であり、彩の国さいたま芸術劇場芸術監督の近藤良平氏演出・振付の障害者ダンスチーム「ハンドルズ」による公演を開催します。
今年は、初めて埼玉会館の舞台での公演となります。
埼玉県立芸術総合高等学校ダンス部とのコラボは必見です!
ハンドルズの心揺さぶるダンスをお見逃しなく!

▮演出・構成・振付
近藤良平(コンドルズ)

▮出演
ハンドルズ
近藤良平(コンドルズ)
山本光二郎(コンドルズ)
黒須育海(コンドルズ)
埼玉県立芸術総合高等学校ダンス部
武井誠(手話バンドこころおと代表/手話通訳士)

▮主催等
(1)主催 埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会
(2)共催 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団、社会福祉法人埼玉県社会福祉事業団(埼玉県障害者交流センター) 
(3)後援 さいたま市
(4)協賛 一般社団法人埼玉県経営者協会、一般社団法人生命保険協会埼玉県協会、
             株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫

開催概要

日時

令和4年12月24日(土曜日)午後1時30分開場、午後2時開演

会場

埼玉会館 大ホール (さいたま市浦和区高砂3-1-4)

チケット情報

発売開始日

令和4年11月20日(日曜日)から

料金

全席指定2,000円
障害のある方及びその介助者1,000円
※未就学児入場可能。未就学児の膝上鑑賞無料。席を利用する場合は有料。

取扱い

[窓口]埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00)
[電話]SAFチケットセンター0570-064-939(毎週月曜日及び埼玉会館休館日を除く10:00~17:00)
[インターネット]https://ticket.aserv.jp/saf/( →リンク先(別ウィンドウで開きます) )

当日券

当日券の販売は行いません。

当日の入場に際して

(1)ご入場時に検温を実施させていただきます。37.5℃以上の熱があった場合は、入場をお断りさせていただきます。あらかじめご了承ください。
(2)館内はマスクの着用をお願いいたします。マスクの着用が難しい小さなお子様につきましては、周りへの配慮をお願いします。
(3)「埼玉県LINEコロナお知らせシステム」をインストールのうえご利用ください。
(4)会場にて感染者が確認された場合、来場者の氏名、連絡先等を公的機関へ提出する場合がございます。

チラシ

第11回ハンドルズ公演チラシ(表面)(PDF:580KB)(別ウィンドウで開きます)
第11回ハンドルズ公演チラシ(裏面)(PDF:3,167KB)(別ウィンドウで開きます)

その他

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演を中止する可能性があります。あらかじめ御了承ください。公演を中止した場合、チケットを払い戻しいたします。

出演者プロフィール

ハンドルズ

コンドルズ主宰・近藤良平氏と埼玉県内の障害者が2009年に結成したダンスチーム。公演ごとにメンバーを募集し、半年近くワークショップを積み重ね公演に臨んでいる。
チーム名・ハンドルズは、出演者のアイディアで命名。半分コンドルズ(コンドルズを目指すがまだまだ未熟・・・)、ハンディキャップ、ハンドリング(車いすの操作)に由来。
これまで、彩の国さいたま芸術劇場で9回公演。金沢市、静岡市、千葉市でも公演。文化庁など主催「東京2020大会・日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」や2021年9月コンドルズ25周年記念東京公演など様々なイベントにも出演。

近藤良平氏プロフィール

コンドルズ主宰、振付家、ダンサー。彩の国さいたま芸術劇場芸術監督
ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。平成28年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。世界30ヶ国以上で公演しニューヨークタイムズ紙絶賛の日本を代表するダンス集団「コンドルズ」主宰。NHK総合『地球イチバン』、TBS『情熱大陸』出演。NHK教育『からだであそぼ』内「こんどうさんちのたいそう」、NHK総合『サラリーマンNEO』内「テレビサラリーマン体操」などで振付出演。他にもNHK連続テレビ小説『てっぱん』、NHK大河ドラマ『いだてん』をはじめ、映画、TV、CMなど数多くのメディアで振付を担当。東京大学などで講師も務める。ハンドルズ公演や、NHKエデュケーショナルと共に0歳児からの子ども向け観客参加型公演「コンドルズの遊育計画」など、多様なアプローチでコンテンポラリーダンスの社会貢献に取り組んでいる。愛犬家。

埼玉県立芸術総合高等学校ダンス部

1年生11人、2年生4人、3年生9人で活動中。
モダンダンスや創作ダンス、ジャズダンスなど幅広く踊っている。文化祭や地域のイベントでもたくさんのパフォーマンスを披露している。第33回全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)入選。

武井誠氏プロフィール

手話バンドこころおと代表。手話通訳士。
東京都出身。東京2020オリンピックパラリンピック開会式・閉会式手話通訳統括。文教大学講師。両親ともろう者の家庭に生まれ、手話のネイティブサイナー「CODA(コーダ)」として育つ。ネイティブサイナーとして手話と音楽の融合を志し、手話バンド『こころおと』結成。SPEEDや藤田恵美など様々なミュージシャンとの手話コラボレーションを行う。『新・星の金貨』『バベル』『silent』等テレビドラマや映画、舞台の手話指導・監修、通訳、企業での手話コーディネート、各地における手話教室の講師等も行っている。

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?