トップページ > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 障害者の芸術文化 > 埼玉県障害者アートフェスティバル開催実績 > 第1回埼玉県障害者アートフェスティバル(平成21年度・2009年度)

ページ番号:195130

掲載日:2021年3月16日

ここから本文です。

第1回埼玉県障害者アートフェスティバル(平成21年度・2009年度)

すべてのイベントが終了しました。
ご来場いただき、ありがとうございました。

ジャンル

企画

開催日・会場

概要

ダンス 第1回 近藤良平と障害者によるダンス公演
『突然の、何が起こるかわからない』

平成21年11月21日(土曜日)
平成21年11月22日(日曜日)
15時00分開演(14時30分開場)

 

彩の国さいたま芸術劇場
小ホール

「コンドルズ」主宰・近藤良平氏と県内の障害者が長期間のワークショップを経て創り上げたダンス公演。「障害者による身体表現」の新しい領域に挑みます。
実験的怪作、解禁!
◆全席指定1,000円
チラシ(PDF:1,140KB)

 

【出演者】
ワークショップ参加者、近藤良平(コンドルズ主宰、振付家、ダンサー)、藤田善宏(コンドルズ)、鹿野沙絵子

美術

第1回埼玉県障害者アート企画展
「私たちの目」展

平成21年12月9日(水曜日)から12月13日(日曜日)まで

 

埼玉県立近代美術館

大学生が企画・構成から展示まで手がける県内の障害者アーティストの作品展。学生ならではの新鮮な感性が、障害者アートの新たな魅力を引き出します。
チラシ(PDF:5,271KB)

演劇

ジェニー・シーレイの演劇ワークショップ

平成21年12月5日(土曜日)
平成21年12月6日(日曜日)

 

彩の国さいたま芸術劇場
小ホール

イギリスの演出家で、自らも聴覚に障害があるジェニー・シーレイによる演劇ワークショップ。ワークショップでは、日本語、日本手話、英語、イギリス手話などが飛び交い、それ自体が一つのエンターテイメントとなります。
チラシ(PDF:251KB)

美術

視覚障害者と楽しむ美術作品鑑賞会

平成21年11月29日(日曜日)
平成21年12月12日(土曜日)

埼玉県立近代美術館

視覚に障害がある人とない人が作品の感想をお互いに述べ合うことで美術作品を楽しむ新しいスタイルの鑑賞会。一人で見るときとはちょっと違う新しい発見があります。
チラシ(PDF:132KB)

主催:埼玉県障害者アートフェスティバル実行委員会
協賛:埼玉音楽文化協会((社)埼玉県経営者協会)/埼玉県生命保険協会/あいおい損害保険株式会社/株式会社埼玉りそな銀行/株式会社武蔵野銀行
後援:JR東日本大宮支社

お問い合わせ

福祉部 障害者福祉推進課 社会参加推進・芸術文化担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

ファックス:048-830-4789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?