ページ番号:134523

掲載日:2021年7月30日

ここから本文です。

令和2年度ダイオキシン類常時監視結果について

ダイオキシン類対策特別措置法第26条第1項及び第27条第1項の規定に基づき実施した令和2年度ダイオキシン類常時監視結果の概要をお知らせします。

[結果の概要]

[水質]

  • 河川水質  37地点で実施  7地点(5河川)で環境基準を超過(令和3年7月30日修正(8地点⇒7地点))
  • 河川底質  33地点で実施  1地点(1河川)で環境基準を超過
  • 地下水    12地点で実施  全て環境基準達成

[土壌]    31地点  全て環境基準達成

 

1  調査時期と調査回数

(1) 水質

  • ア  公共用水域
    • (ア)河川水質  年1回(19地点)
      秋・冬期の年2回(6地点)
      春・夏・秋・冬期の年4回12地点
    • (イ)河川底質  年1回(33地点)
  • イ  地下水  令和2年7月から令和2年12月

(2) 土壌

令和2年8月から令和2年12月

2  調査地点

(1) 水質

  • ア  公共用水域
    • (ア)河川水質  37地点(21河川)
    • (イ)河川底質  33地点(20河川)
  • イ  地下水  12地点(12市町)

(2) 土壌

  •  31地点(12市)

3  調査結果の概要

(1) 水質

ア  公共用水域

(ア) 河川水質(令和3年7月30日修正(8地点⇒7地点))
河川水質の調査結果(年間平均値)は、0.013~1.5[pg-TEQ/L]の範囲であり、測定を実施した37地点(21河川)のうち7地点(5河川)で環境基準(基準値;年間平均値 1[pg-TEQ/L]以下)を超過しました。環境基準を超過した地点は次のとおりです。 

中川(1地点:潮止橋)

綾瀬川(3地点:手代橋、綾瀬川橋、上綾瀬橋)

伝右川(1地点:伝右橋)

古綾瀬川(1地点:松江新橋)

新方川(1地点:昭和橋)

(イ) 河川底質
河川底質の調査結果は、0.084~270[pg-TEQ/g]の範囲であり、測定を実施した33地点(21河川)のうち1地点(1河川)で環境基準(基準値;150[pg-TEQ/g]以下)を超過しました。 環境基準を超過した地点は次のとおりです。

伝右川(1地点:伝右橋)

イ  地下水

地下水の調査結果は、0.014~0.062[pg-TEQ/L]の範囲であり、12地点全てで環境基準(基準値;年間平均値1[pg-TEQ/L]以下)を達成しました。

(2) 土壌

一般環境の調査結果は、0.0020~97[pg-TEQ/g]の範囲であり、31地点全てで環境基準(基準値;1000[pg-TEQ/g]以下)を達成しました。

4  今後の取組

(1) 水質(公共用水域)

環境基準を超過した地点については、関係機関と連携して情報の収集を図り、注視していきます。

 

(2) 地下水・土壌

今後も同規模の常時監視を継続していきます。

 

 


個々の調査結果については、こちらをご覧ください。

 

お問い合わせ

環境部 水環境課 水環境担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎1階

ファックス:048-830-4773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?