トップページ > くらし・環境 > 環境・エコ > 化学物質 > その他の化学物質情報・ご相談 > 県民の皆さまへ(排出量を減らすためにできること)

ページ番号:26058

掲載日:2022年8月30日

ここから本文です。

県民の皆さまへ(排出量を減らすためにできること)

平成13年度と令和2年度を比べると、工場や事業所から大気や河川などの環境中に排出された化学物質の量は約81%、家庭から排出された化学物質の量は約45%減少しました。排出量の削減は着実に進んでいますが、工場や事業所に比べると家庭からの排出はあまり削減が進んでいません。
環境にやさしい生活を、私たちにできることから始めましょう。

私たちにできること!

買うとき

  • 本当に必要かよく考えてから購入しましょう。
  • できるだけ環境負荷の小さい製品やサービスを購入しましょう(エコマークやグリーンマークなどの環境ラベルが参考になります)。

使うとき

  • 製品の表示をよく読み正しく使いましょう。正しい使用方法はムダをなくすほか、使用時の安全性につながります。
  • 芳香性のある柔軟仕上げ剤を使用するときは、使用量が過度にならないようにするなど配慮しましょう。
    自分にとっては快適なにおいでも、他人は不快に感じることもあります。
  • 自動車を運転するときはエコドライブを実践して、燃料の使用量や排気ガス量を減らしましょう。

捨てるとき

  • 識別マークなどを参考に分別を行い、市町村のルールにしたがって適正に廃棄しましょう。
  • 家庭排水は公共下水道へ接続するか合併処理浄化槽で正しく処理し、河川等への化学物質の排出量を減らしましょう。

お問い合わせ

環境部 大気環境課 化学物質担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4772

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?