トップページ > 健康・福祉 > 健康 > お役立ち情報 > 予防・対策 > 埼玉県内における熱中症による救急搬送状況

ページ番号:32827

掲載日:2022年10月12日

ここから本文です。

埼玉県内における熱中症による救急搬送状況

月別集計結果

 

令和4年埼玉県内における熱中症による救急搬送状況(単位:人)

(調査期間:4月25日~10月2日) 

年齢区分

初診時における傷病程度

新生児

乳幼児

少年

成人

高齢者

死亡

重症

中等症

軽症

その他

4月 18     1 4 13     5 13  
5月 134   2 28 43 61   2 37 95  

6月

1,381   10 98 461 812 3 60 478 839 1

7月

1,721   20 181 567 953 3 61 507 1,150  

8月

1,250   5 101 536 608 3 37 346 864  

9

177   1 27 64 85   3 40 134  

10月

9   1 5 2 1       9  

    4,690

0 39 441

1,677

2,533 9 163 1,413 3,104 1

 

年齢区分:凡例

初診時における傷病程度:凡例

新生児:生後28日未満

乳幼児:生後28日以上満7歳未満

少年:満7歳以上満18歳未満

成人:満18歳以上満65歳未満

高齢者:満65歳以上

死亡:初診時において死亡が確認されたもの

重症:傷病程度が3週間以上の入院加療を必要とするもの

中等症:傷病程度が重症または軽症以外のもの

軽症:傷病程度が入院加療を必要としないもの

その他:医師の診断がないものまたは傷病程度が判明しないもの等

※月別集計結果・日別集計結果とも速報値を集計したものであり、後日、修正することがあります。このため、月別集計結果と日別集計結果の合計は一致しない場合があります。

※「熱中症」の定義は、高温環境下で体温の調節機能が破綻するなどして体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ発症する障害の総称であり、日射病、熱けいれん、熱疲労、熱射病等が含まれ、当該調査は、熱中症又はその疑いのある傷病者を対象とします。

日別集計結果

月単位         

 

週単位  

過去の集計結果

熱中症を防ぐには・・・

  • 暑さを避ける
  • 服装に注意(帽子着用、日傘利用など)
  • こまめな水分補給
  • 運動や作業時には適度な休息
  • 気温、湿度の急上昇に注意

コバトン

熱中症かな?と思ったら・・・

  • 衣服等をゆるめ、楽な姿勢をとる
  • 風通しの良い日陰や冷房が効いた場所へ移動
  • 冷やしたタオルなどを脇の下や足の付け根などに置き、体温を下げる
  • 早めの医療機関での受診

熱中症に関する情報:リンク集

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?