ページ番号:49870

掲載日:2021年2月9日

ここから本文です。

個人情報保護制度の概要

   社会・経済の情報化の進展を背景に、私たちの生活には「個人情報」を利用した様々なサービスが提供され、便利な生活に欠かせないものとなりつつあります。しかし、誤った取扱いをされた場合には、個人に取り返しのつかない被害を及ぼすおそれもあります。

   個人情報保護制度を正しく理解し、個人情報を保護するとともに、適切な活用をすることが大切です。

保護と活用(イラスト入り)

  個人情報保護法

   「個人情報の保護に関する法律」(以下「個人情報保護法」といいます。)は、平成15年5月に交付され、平成17年4月に全面施行されました。その後、情報通信技術の発展や社会環境変化を踏まえ、平成27年9月に改正個人情報保護法が公布され、平成29年5月30日に全面施行されました。

   また、令和2年6月5日の国会において「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律案」が可決、成立し、令和2年6月12日に「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」が公布されました。改正法の施行は一部を除き、公布後2年以内としています。

   個人情報保護法は、平成28年1月1日より個人情報保護委員会が所管し、その適正な取り扱いの確保を図るための業務を行っています。

個人情報保護法の概要

   個人情報保護制度の法体系や、個人情報保護法の概要に関しては、こちらのパンフレットをご覧ください。

お問い合わせ

総務部 文書課 情報公開・個人情報保護担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 埼玉県衛生会館1階

ファックス:048-830-4721

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?