トップページ > 県政情報・統計 > 各種手続・入札 > 電子入札 > 入札参加資格申請(物品等) > 政府調達に関する協定関係(工事・物品)

ページ番号:58109

掲載日:2022年4月1日

ここから本文です。

政府調達に関する協定関係(工事・物品)

国や地方公共団体などが総務大臣が定める基準額以上の物品や役務の調達を行う場合、WTO(世界貿易機関)の「政府調達に関する協定」等の国際約束の適用対象となります。
(詳しくは、外務省のホームページ及び総務省のホームページをご覧ください。)

都道府県等における基準額

  適用基準額については2年ごとに見直しされます。
  令和2年4月1日から令和4年3月31日までの間に締結される契約については次の基準額が適用されます。

  • 物品等                                   3,000万円
  • 建設工事                                    23億円
  • 建築等の技術サービス     2億3,000万円
  • その他の役務サービス          3,000万円

  令和4年4月1日から令和6年3月31日までの間に締結される契約については次の基準額が適用されます。

  • 物品等                                   3,000万円
  • 建設工事                        22億8,000万円
  • 建築等の技術サービス     2億2,000万円
  • その他の役務サービス          3,000万円

 入札情報について

  •  埼玉県が実施する政府調達に関する入札は、発注機関ごとに県報に告示(掲載)します。
  • 県報サイト内で検索キーワード「政府調達」でご確認ください。
  • 添付資料を電子入札共同システム内で確認する場合は、「案件名」又は「発注機関名」で検索してください。

埼玉県政府調達苦情検討委員会について

県では、「政府調達に関する苦情の処理手続」及び「政府調達に関する苦情の処理手続事務処理要綱」で、対象調達に関する供給者(入札参加者など)からの苦情申立ての処理手続を定めています。
供給者は、特例政令の規定に反する形で調達が行われたと判断する場合には、苦情の原因となった事実を知り、又は合理的に知り得たときから10日以内に、書面により県政府調達苦情検討委員会(事務局:入札審査課)に対し、書面により苦情を申し立てることができます。

お問合せ

発注情報の内容や入札結果に関すること

 各発注機関(課所)/告示文に問合せ先が記載されています

苦情検討委員会について

総務部 入札審査課 審査担当(物品)

  • 所在地:330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎3階東側
  • 電話:048-830-5775
  • ファックス:048-830-4914
  • 電子メール:a5770-04@pref.saitama.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?