Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月8日

平成18年統計年鑑 1-2 沿革

  • (1)旧石器から古墳時代へ
  • (2)奈良時代から平安時代へ
  • (3)武蔵武士の活躍
  • (4)江戸時代の埼玉
  • (5)埼玉県の誕生
  • (6)変貌する埼玉

(1)旧石器から古墳時代へ

埼玉県域に人々のくらしが営まれたのは、少なくとも今から約3万年前の旧石器時代にさかのぼると考えられている。約1万2,000年前からの縄文時代には、全地球的な気候の温暖化にともなって海水面が上昇し始め、6,500年前ころのピーク時には、県内の低地部にまで海が深く入り込んだ。当時の人々が廃棄した貝殻が集積した「貝塚」が県内各地につくられたのは、この時代である。

2,300年前ころになると、米作りなど新しい技術を含む弥生文化が当地に伝わり、人々のくらしは狩猟採集主体から農耕主体へと大きく変化する。こうしたなかで、やがて行田市埼玉古墳群にみるような巨大な墳墓を築き、稲荷山古墳出土の国宝「金錯銘鉄剣」の銘文が語るような中央政権とも強く関わる支配者たちが出現することになる。

ページの先頭へ戻る

(2)奈良時代から平安時代へ

708年に秩父から自然銅が朝廷に献上されたことを記念し、年号が「和銅」と改められ「和銅開珎」と名付けた貨幣が造られた。

奈良時代の初めには、朝鮮半島から渡来してきた人々が武蔵国に移住して、新たに高麗郡と新羅郡(後の新座郡)が設置された。日高市にある高麗神社は、高麗人の中心となった高麗王若光を祀ったものである。ところで、当時の埼玉県域の人口は明確には分からないが、10世紀の初めにできた「和名抄」によると、県域内の「郷」の数は75ほどあるので、約9万人と推定される。

平安時代に入ると、政治の中心であった京の都から遠く離れた武蔵国では、中央の威令が衰え、荘園の増大とともに土着した下級貴族や地方豪族が力をもつようになる。承平5年(935年)、平将門の乱が起こり、この傾向は一層強まって、やがて武士団の発生へと進展していく。関東では、坂東八平氏や武蔵七党がその例で、県内では坂東八平氏の秩父氏から畠山氏、河越氏などが分出し、武蔵七党では児玉党、丹党、猪俣党、野与党、村山党、私市(きさい)党などに属する小武士団が所領を支配した。

ページの先頭へ戻る

(3)武蔵武士の活躍

源頼朝は、建久3年(1192年)に征夷大将軍になり、鎌倉に武家政権を確立するが、鎌倉幕府の創設には多くの武蔵武士が力を尽くした。例えば、平氏追討の華々しい戦いのなかで、畠山重忠、熊谷直実、河越重頼、比企能員などが活躍したことが、当時の軍記物に記されている。しかし、畠山重忠のように後の政権争いのなかで、滅亡していった武士も多く、なかには、地頭として赴任した西国の地で、勢力を張った武士もいた。

元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡し、その後の南北朝の争乱のなかで、埼玉の地は幾度も戦乱に巻き込まれた。やがて、鎌倉公方と管領上杉氏の対立、享徳の乱を契機とした古河公方と山内・扇谷の両上杉氏の争いのなかで、この地も次第に戦国の様相を呈してゆく。明応4年(1495年)、北条早雲が小田原を手中に収め、関東への進出が開始されると、まさに戦国の世はたけなわとなる。そして天文15年(1546年)の河越夜戦を契機に、埼玉県域は次第に後北条氏の勢力下に組み込まれ、北条氏邦を支城主とする鉢形城(寄居町)を拠点に北関東進出の足掛りとした。しかし、戦国大名として5代にわたり勢威を誇った後北条氏も天正18年(1590年)、天下統一を目指す豊臣秀吉によって攻められ、県内の忍城や松山城、岩付城なども相次いで落城し、本城の小田原城も3か月の籠城ののち降伏した。

ページの先頭へ戻る

(4)江戸時代の埼玉

後北条氏の滅亡後、徳川家康は、天正18年(1590年)に江戸へ入府し、関東の大部分は徳川氏の所領となった。とくに県内の地は江戸に近く、戦略上も重要だったので、川越、忍、岩槻には有力な譜代大名が置かれた。また、幕府直轄領のほか旗本領、寺社領となった地域も多く、その領地は錯綜していた。

埼玉県にとって江戸時代は、もっとも開発が進んだ時代で、その第一は河川の改修である。江戸湾に注いでいた利根川本流を銚子に至る流路に整備し、荒川は、熊谷市久下付近で、和田吉野川・市ノ川の流路に導き入間川と合流した。これにより県東部の平野は水害から守られ、広大な新田が開発されて舟運も発達した。第二は道路の整備で、五街道のうち中山道と日光道中(奥州道中)のほか、将軍が日光東照宮への参詣で通る日光御成道などが県内を通過した。これらの街道沿いには宿場町が発達し、大名行列や旅人などで賑わいをみせた。

この時代に活躍した県内出身者として塙保己一があげられる。盲目の国学者として知られ、文政2年(1819年)に日本の古典・古記録の集大成である『群書類従』530巻・665冊を編さん刊行したことは、あまりにも有名である。

ページの先頭へ戻る

(5)埼玉県の誕生

明治の新政府の下に地方制度も改革されるが、明治4年7月の廃藩置県を経て、同年11月に埼玉県が誕生する。当時の県域は、現在の埼玉県の荒川以東の地域で、西半分には入間県が成立した。明治6年、入間県は群馬県と合併されて熊谷県となり、明治9年には熊谷県の旧武蔵国13郡が埼玉県に合併して、ほぼ現在の県域を有する埼玉県が成立した。

当時の埼玉の産業の中心は農林業であったが、特に養蚕業は盛んであり、やがて政府の殖産興業政策もあり、近代的な機械制の製糸工業なども導入されてくる。明治16年に日本鉄道会社により開通された高崎線は、我が国初めての民営鉄道で、県内の近代産業の発展を促進した。

明治期の埼玉県内の大きな出来事の中に、秩父事件がある。自由民権運動が高揚した明治17年、借金に苦しむ秩父の農民たちは質屋や郡役所を襲った。驚がくした政府は軍隊を派遣してこれを鎮圧したが、秩父盆地全体を巻き込んだこの騒動は全国にも大きな影響を与えた。

明治の近代化の中で活躍した県出身者の中に、渋沢栄一がいる。産業や金融界の先覚者である栄一は、県内でも深谷市のレンガ工場、秩父市のセメント工場の設立に力を尽くすなど、県下の商工業の発展に多くの功績を残している。

また、女性の社会進出がままならなかった明治時代、我が国初の女医となった荻野吟子、女医第2号となった生沢クノは埼玉県の出身者であった。

ページの先頭へ戻る

(6)変貌する埼玉

戦後、我が国の経済の高度成長は、首都圏に位置し平坦地が広い埼玉を大きく変貌させた。

まず、戦前は農業中心であった産業構造が、戦後、県内各地に大規模な工業団地が造成され、機械工業を中心とした内陸工業県となった。

人口の増加も著しく、昭和25年には214万人であったが、昭和45年の国勢調査では386万人となり、人口の増加率28.2%で全国第1位になった。その後も人口は増加をつづけ、昭和52年には509万人、昭和62年には606万人、平成14年8月には700万人を突破した。

県内の交通網も大きく変化し、昭和40年代以降、東北縦貫自動車道、関越自動車道、常磐自動車道などの高速道路が建設されたのをはじめ、近年は東京外環自動車道や首都圏中央連絡自動車道の県内一部区間の供用開始など、県域の東西を結ぶ道路の建設も進み、首都高速道路も県内に延伸された。また、これら高速道路とネットワークを結ぶ国道・県道などの整備も進められてきた。一方、鉄道網は、既存線の電化や複線化などが進むなか、昭和57年に東北新幹線、上越新幹線が開通し、通勤新線として昭和60年に埼京線が開通した。また、県内初の地下鉄として平成13年3月には赤羽岩淵と浦和美園を結ぶ埼玉高速鉄道線が開通した。平成17年8月、東京都内秋葉原と茨城県内つくばを結ぶ「つくばエクスプレス」が開通し、県内には2駅(八潮と三郷中央)が設置された。

昭和28年の町村合併促進法施行前に323あった市町村は、同法失効後の昭和31年には109市町村となり、その後の合併により昭和48年には92市町村となった。地方分権の流れを受けて、「市町村の合併の特例に関する法律」が平成11年に改正され、新たな特例措置が盛り込まれたこと等により、全国的に「平成の大合併」といわれる市町村合併が進展した。県内では、平成13年5月に浦和市、大宮市、与野市の3市が合併し「さいたま市」となり、平成15年4月には全国で13番目の政令指定都市に移行した。その後、多くの地域で合併協議が進み、平成18年10月現在では71市町村となった。

お問い合わせ

総務部 統計課 企画指導・統計資料担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?