Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 彩の国統計情報館 > 教育・文化 > 学校基本調査 > 平成20年度 > 埼玉県/平成20年度学校基本調査 調査結果の概要

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月5日

埼玉県/平成20年度学校基本調査 調査結果の概要

1 学校調査

1 総括

表1 学校・園児・児童・生徒・教員数

表2 学校種別1校及び本務教員1人当たり園児・児童・生徒数

2 幼稚園

(1) 園数

幼稚園数は、前年度より4園減少して638園で、設置者別でみると、国立1園、公立66園、私立571園であった。
私立幼稚園を組織別でみると、学校法人立が前年度より1園増加して531園、宗教法人立とその他の法人立が前年度と同数のそれぞれ11園、1園、個人立が前年度より2園減少して28園であった。
1園当たり在園者数は、国・公立が前年度より0.4人減少して79.6人、私立が前年度より2.2人減少して196.8人になった。(表3・表4)

表3 設置者別園数

表4 1園あたり在園者数の推移

(2) 学級数

学級数(0人の学級は含まない。)は、前年度より26学級減少して4,744学級となり、編成方式別でみると、3歳児のみの学級が前年度より3学級増加して1,380学級、4歳児のみの学級が前年度より12学級減少して1,663学級、5歳児のみの学級が前年度より19学級減少して1,654学級となった。
収容人員別に学級数をみると、1~20人規模学級は前年度より14学級増加して1,168学級、21~30人規模学級は前年度より74学級増加して2,724学級、31~40人規模学級は前年度より115学級減少して851学級、41人以上の規模の学級は1学級だった。(表5・表6)

表5 編成方式別学級数

表6 収容人数別学級数と構成比

(3) 在園者数

在園者数は、前年度より1,738人減少して117,683人となり、年齢別でみると、3歳児は前年度より188人増加して29,345人、4歳児は前年度より766人減少して43,669人、5歳児は前年度より1,160人減少して44,669人となった。
本年度小学校第1学年児童に対する本年3月の幼稚園修了者の比率(いわゆる就園率)は、69.5%で前年度より1.1ポイント低下した。
本務教員1人当たり園児数は、前年度より0.3人減少して16.4人であった。(表7・表8)

表7 年齢別在園者数の推移

表8 幼稚園の推移

(4) 教員数

本務教員数は、前年度より26人増加して7,188人となった。
設置者別にみると、国・公立は前年度より10人減少して357人、私立は前年度より36人増加して6,831人となった。(表9)

表9 設置者別・男女別本務教員数

3 小学校

(1) 学校数

学校数は、前年度より1校減少し829校(うち分校4校)で、設置者別にみると、国立1校、公立823校、私立5校であった。(表10・統計表第12表)

(2) 学級数

学級数は、前年度より40学級増加して13,559学級となり、1校当たり学級数は前年度より0.1学級増加して16.4学級となった。学級編成別でみると、単式学級は前年度より9学級減少して12,824学級、複式学級は前年度より4学級増加して21学級、特別支援学級は前年度より45学級増加して714学級となっている。(表10・統計表第15表)

表10 小学校の推移

図1 学級数別構成比の推移

(3) 児童数

児童数は、前年度より56人増加して400,306人となり(男子児童204,790人、女子児童195,516人)、3年ぶりに増加した。
また、特別支援学級の児童数は、前年度より221人増加して3,011人となっている。
次に、平成19年度間に30日以上欠席した長期欠席児童数は、平成18年度間より171人減少して2,508人となった。
これを理由別にみると、不登校が前年度間より122人減少して、1,240人で最も多い。
次いで病気が951人で前年度間より43人の減少となっている。(表10・表11・図2・統計表第16表)

図2 理由別長期欠席児童構成比

表11 長期欠席児童数の推移

(4) 教員数

本務教員数は、前年度より79人増加して19,740人となり、教員1人当たり児童数は20.3人で前年度より0.1人減少した。
男女別の内訳は、男子教員が7,075人(35.8%)、女子教員が12,665人(64.2%)で、男子教員の占める比率は前年度より0.1ポイント低下した。(表2・表12)

表12 教員数(本務者)の推移

4 中学校

(1) 学校数

学校数は、前年度より3校減少して448校で、設置者別にみると、国立1校、公立426校、私立21校であった。(表13・統計表第21表)

表13 中学校の推移

(2) 学級数

学級数は、前年度より20学級減少して5,955学級となり、1校当たり学級数は前年度より0.1学級増加して13.3学級となった。(表13)

図3 学級数別構成比の推移

(3) 生徒数

生徒数は、前年度より461人減少して196,860人であった。(男子生徒101,733人、女子生徒95,127人)
また、平成19年度間に30日以上欠席した長期欠席生徒数は、平成18年度間より157人増加して7,099人となった。
これを理由別にみると、不登校が前年度間より61人減少して6,218人で全体の87.6%を占めた。
また、病気によるものが127人増加して617人で全体の8.7%を占めた。(表13・表14 ・図4・統計表第24表)

図4 理由別長期欠席生徒構成比

表14 長期欠席生徒数の推移

(4) 教員数

本務教員数は、前年度より37人減少して11,709人となり、教員1人当たり生徒数は16.8人で前年度と変わらなかった。
男女別の内訳は、男子教員が7,158人(61.1%)、女子教員が4,551人(38.9%)で、女子教員の占める比率は前年度より0.2ポイント上昇した。(表2・表15)

表15 教員数(本務者)の推移

5 高等学校(全日制・定時制)

(1) 学校数

学校数は前年度より2校減少して206校で、設置者別内訳は、国立1校、公立158校(県立150校・市立8校)、私立47校であった。
課程別でみると、全日制は174校、定時制は4校、併置は28校である。(表16・統計表第31表)

(2) 生徒数

生徒数は、前年度より224人減少して170,961人となり、課程別では全日制(本科)が前年度より509人減少して165,550人、定時制は前年度より292人増加して5,152人であった。
男女別でみると男子生徒は前年度より414人減少して89,046人、女子生徒は前年度より190人増加して81,915人となった。(表16・統計表第36表)

表16 高等学校の推移

(3) 入学状況

入学志願者は、前年度より2,996人減少して146,559人となり、入学者は、前年度より655人減少して58,851人と定員を805人下回った。
入学者のうち他県卒業者は、前年度より83人増加して2,411人になった。(表17)

表17 高等学校入学状況

(4) 教員数

本務教員数は、前年度より123人減少して11,053人で、本務教員1人当たり生徒数は15.5人であった。
男女別の内訳は、男子教員は前年度より145人減少して8,104人、女子教員は22人増加して2,949人となり、女子教員の占める比率は前年度より0.5ポイント上昇して26.7%であった。
また、兼務教員数は、前年度より261人増加して3,009人で、うち男子教員は前年度より180人増加して1,568人、女子教員は前年度より81人増加して1,441人であった。(表16・表18・統計表第43表)

表18 設置者別・男女別本務教員数

6 特別支援学校

(1) 学校数

学校数は、40校で前年度より3校増加した。
また、設置者別にみると、国立1校、県立34校、市立3校、私立2校であった。(表19・統計表第56表)

(2) 学級数

学級数は、前年度より73学級増加して1,303学級となり、部別内訳でみると、幼稚部は前年度より3学級増加して23学級、小学部は前年度より33学級増加して516学級、中学部は前年度より13学級増加して326学級、高等部が前年度より24学級増加して438学級となった。(表19)

(3) 在学者数

在学者数は、前年度より303人増加して5,298人となった。(表19)

 

表19 特別支援学校の推移

(4) 教員数と職員数

本務教員数は、前年度より172人増加して2,983人であった。また、職員数は、前年度より11人減少して469人であった。(表20)

表20 教員数・職員数

7 専修学校

(1) 学校数

学校数は、前年度より2校減少して、110校であった。
設置者別の内訳は、国立1校、公立5校、私立104校となった。(表21・統計表第66表)

表21 専修学校の推移

(2) 課程別学科数

学科数(延べ)は、前年度より1学科増加して232学科となった。(表22)

表22 課程別学科数

(3) 生徒数

生徒数は、前年度より1,458人減少して19,065人となり、男女別でみると、男子が前年度より725人減少して9,707人、女子が前年度より733人減少して9,358人となった。
次に学科別でみると、医療関係が7,877人で全生徒数の41.3%を占め、次いで文化・教養関係が3,449人で18.1%、工業関係が3,231人で16.9%を占めている。(表21・表23)

表23 関係学科別生徒数

(4) 教員数と職員数

本務教員数は、前年度より13人増加して1,419人、兼務教員数は、前年度より36人減少して3,414人となった。
職員数は、前年度より75人減少して662人であった。(表24)

表24 教員数・職員数

8 各種学校

(1) 学校数

学校数は、前年度と同様で、私立のみ34校であった。(表25・統計表第75表)

(2) 生徒数

生徒数は、前年度より287人減少して3,260人となり、男女別でみると、男子が前年度より75人減少して1,257人、女子が前年度より212人減少して2,003人となった。
課程別にみると、医療関係が1,333人で全生徒数の40.9%を占めて最も多く、次いで各種学校のみにある課程(予備校、学習・補習、自動車操縦、外国人学校等)が1,162人(35.6%)、商業実務関係が401人(12.3%)となった。(表25・表26)

(3) 教員数と職員数

本務教員数は、前年度より10人減少して197人、兼務教員数は、前年度より83人増加して576人となり、本務教員1人当たり生徒数は、前年度より0.6人減少して16.5人であった。
職員数は、前年度より3人減少して92人であった。(表25)

表25 各種学校の推移

表26 関係課程別生徒数

2 学校通信教育調査(高等学校)

通信制課程を設置している学校は、前年度と同様の11校(うち公立1校、私立1校は通信制課程以外の課程も併置)であった。(表27)

表27 高等学校(通信制課程)の推移

3 卒業後の状況調査

1 中学校

(1) 進路状況

平成20年3月の中学校卒業者を進路別にみると、高等学校等進学者(通信課程への進学者を含む。)は、前年より981人減少して63,381人となったが、進学率は98.0%で前年より0.1ポイント上昇した。
就職者(就職進学者を除く。)は、前年より70人減少して470人であった。(表28)

表28 卒業後の進路状況

(2) 進学状況

高等学校等への進学者を進学先別でみると、高等学校全日制は前年より1,250人減少して60,574人、高等学校定時制は258人増加して1,319人となり、高等学校通信制は前年より2人増加して937人となった。(表29)

表29 高等学校等への進学者数

(3) 就職状況

就職者(就職進学者を含む。)を就職先の産業別にみると、第1次産業は前年より3人減少して5人、第2次産業は前年より69人減少して237人、第3次産業は前年より16人増加して239人であった。(表30)

表30 産業別就職者数

2 高等学校(全日制・定時制)

(1) 進路状況

平成20年3月の高等学校卒業者数を進路別にみると、大学等進学者(通信教育部への進学者を含む。)は、前年より286人減少して29,764人となった。
就職した者(就職進学者を含まない。)は、前年より251人減少して8,015人となった。
また、進学率は前年より2.4ポイント上昇して55.1%、就職率は前年より0.3ポイント上昇して14.9%となった。(表31)

表31 卒業後の進路状況

(2) 進学状況

大学等への進学者のうち、男子は前年より38人増加して15,663人、女子は前年より324人減少して14,101人であった。(表32)

表32 大学・短期大学等別・男女別進学者数の推移

また、進学先別にみると、大学は前年より110人増加して26,602人、短期大学は前年より394人減少して3,005人、その他は前年より2人減少して157人となった。(表32)

(3) 就職状況

就職者(就職進学者等を含む。)は、前年より261人減少して8,049人となった。
就職先を産業別にみると、製造業が3,347人(就職者総数の41.6%)と最も多く、次いで卸売業・小売業1,517人(18.8%)、建設業529人(6.6%)となった。
次に、就職者総数を職業別にみると、生産工程・労務作業者が3,672人(就職者総数の45.6%)と最も多く、次いで事務従事者1,343人(16.7%)、販売従事者1,311人(16.3%)となった。(表33・表34)

表33 産業別就職者数

表34 職業別就職者数

お問い合わせ

総務部 統計課 労働学事担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎2階

ファックス:048-822-3758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?