Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月1日

しゃくし菜(秩父の農産物)

「しゃくし菜」とは「体菜」のことであり、明治初期に中国から伝来し、秩父地方では古くから栽培している伝統野菜の一つです。
葉っぱの形が「杓子(しゃくし)」に似ていることから「しゃくし菜」と呼ばれています。
8月末から9月上旬に種まきをして、10月末から11月に収穫し、漬け込みます。シャキシャキとした食感で歯ごたえのある漬け物です。漬け物として食べる他、炒めたりまんじゅうのあんとしても利用されています。

しゃくし菜畑

しゃくし菜の葉っぱ

収穫直前のしゃくし菜

漬け物

しゃくし菜畑

油炒め(ごま油で炒めて、唐辛子を少々)

収穫直前のしゃくし菜

しゃくし菜飯(細かく刻んでご飯と混ぜるだけ)

お問い合わせ

農林部 秩父農林振興センター  

郵便番号368-0034 埼玉県秩父市日野田町一丁目1番44号 埼玉県秩父農林振興センター

ファックス:0494-23-8369

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?