• トップページ
  • センターのご紹介
  • 各施設のご案内
  • 病院のご案内
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2020年6月1日

言語聴覚科

言語聴覚療法(ST:Speech Therapy)を行います

ことばによるコミュニケーションや食べることに問題がある方に、検査や訓練など専門的なサービスを提供し、自分らしい豊かな生活を送れるよう、ご本人とご家族を支援します。

STstaff

現在9名の言語聴覚士が在籍しています。(令和2年6月1日現在)

LSVT® LOUD 認定取得者 1名

症状の種類

  • ことば
    失語症など・・・言いたいことばが出てこない、聞いたり読んだりしたことの意味がわからない。
  • 声や発声
    構音障害・・・発音がはっきりしない、声が出にくい、かすれる。
  • 食べること
    嚥下障害・・・食べ物をうまく飲み込めない、むせる。

検査・評価

ことばや飲み込みにどのような問題があるのか明らかにします。

ことばの検査

言語検査、発声発語器官検査

ことばの状態や発声・発音の状態を検査します。

嚥下造影検査室

嚥下造影検査(VF)

食べ物を口に取り込み、飲み込むまでの動きをX線透視で録画します。

外からは見えない口の中や喉の動きがわかります。

 

訓練

それぞれの方が持つ問題に合わせた訓練を行います。

言語訓練

ことばの訓練

失語症:「聞く」「話す」「読む」「書く」ことについて、その方の状態に合わせた機能訓練を行います。

嚥下の評価・訓練

構音障害:病態や症状に合わせて呼吸、発声、構音の訓練を行います。

その他、臨床心理士や作業療法士などと連携して高次脳機能障害に対する訓練なども行います。

食べやすい食器

摂食・嚥下訓練

医師、看護師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士などと連携して、摂食・嚥下訓練を行います。

安全でおいしく食事を召し上がっていただくために、食べやすい食形態や食器なども検討します。

環境調整

地域社会との連携して環境を調整し、ご本人、ご家族をサポートします。

  • 地域資源(デイサービス、デイケア、友の会活動など)の情報提供
  • コミュニケーションの取り方、安全な食べ方の工夫
  • 復職、復学への支援など

お問い合わせ

福祉部 総合リハビリテーションセンター  

郵便番号362-8567 埼玉県上尾市西貝塚148-1

ファックス:048-781-2218

個人的な病状や個々の病気に関する質問にはお答えしかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?