Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県議会 議会のトップ画像

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月16日

平成30年9月定例会 一般質問 質疑質問・答弁全文(金子  勝議員)

産業団地の整備について

Q   金子  勝  議員(自民

1点目は、産業団地の整備についてです。
現在、県企業局による富士見市における産業団地整備、これが検討されています。富士見市にあっては、市議会に対し、県が検討を進めているとの大まかな報告がなされました。また、該当するエリアの地権者については意向調査も実施されました。本件のように土地の買収などを伴う案件は慎重に取り組む必要があることは承知しています。一方で、地権者に対する意向調査などが始められると、様々な情報が飛び交い、その中には地権者ばかりか、一般市民さえ不安を抱くような誤った情報も散見されます。県議会議員という立場をいただいている私としては、しっかりと県の方針を伺い、正しい情報を市民に提供する、その責任があると考えます。また同時に、市民の多くは市の更なる発展のため、富士見市に産業団地を整備してほしい、こう強く思っています。
そこで、確認の意味を含め、まず、以下2点を伺います。
1、埼玉県企業局の産業団地整備に対する基本方針。
2、これまでの実績と今後の見通し。
次に、富士見市に対する産業団地整備について、5点伺います。
1、市における産業団地整備に対する県の基本方針。
2、現在の進捗状況と今後のスケジュール。
3、産業団地の整備には複数の手法があります。基本方針にも絡みますが、富士見市についてはどの手法が採用されるのか。
4、誘致する企業などの選定を含め、市の意向はある程度反映されるのか。
5、候補地周辺住民の不安は、大きく二つあります。水害と交通渋滞です。この点に対する県の認識と対策はいかがか。

A   立川吉朗   公営企業管理者

まず、埼玉県企業局の産業団地整備に対する基本方針についてです。
企業局では、周辺環境と調和した産業の集積と地域の活性化を図るため、企業局経営5か年計画に基づき、産業団地の整備を地元市町村との共同事業により実施しております。
計画では、整備面積の目標を平成29年度から平成33年度までに100ヘクタールとしておりますが、年々高まる企業の立地ニーズに応えるため、これを上回る規模で整備を進めております。
これまでの実績ですが、昭和37年度からの56年間で35地区、合計約1,900ヘクタールの産業団地を整備しております。
今年度は、事業中である3地区の他に新たに4地区で事業着手し、合計102.4ヘクタールの整備を進めるなど、事業規模を拡大しているところでございます。
市町村への産業団地整備につきましては、市町村が担う地元調整や企業誘致などに係る熱意を重視し、その基本構想等に産業系の地域として位置付けられた地区を事業地とすることが基本方針でございます。
富士見市におきましては、富士見市第5次基本構想において市役所や「ららぽーと富士見」とあわせてシティゾーンとして位置付けられました上南畑地区において、産業団地整備の可能性について調査を実施したところでございます。
現在、道路や調整池などの土地利用計画の作成、地質調査、測量などを行っており、今後は、富士見市と共に平成31年度の事業化を目指して関係機関や地権者との調整を進めてまいります。
次に、産業団地の整備方法についてですが、一般的には造成工事の後に分譲先の企業を募集する方式をとっております。
しかし、この地区におきましては、立地する企業の操業開始時期の前倒しを図るため、造成工事の前に企業を募集して区画割等の希望を整備計画に反映させる、「エントリー&オーダーメード方式」を採用する予定でございます。
これによりまして、富士見市の企業誘致と産業団地整備の熱意をスピーディかつ確実に実現させるとともに、企業の選定にあたりましては業種など基本的な方向性を中心に富士見市の意向を汲んでまいります。
最後に、水害と交通渋滞への認識と対策についてでございます。
安心・安全に配慮した良好な環境づくりは何よりも大切でございます。
整備地域の雨水流出抑制はもちろん、企業の操業後における交通渋滞対策も必要不可欠であると認識しております。
雨水につきましては、県の「雨水流出抑制施設の設置等に関する条例」を踏まえまして、関係機関との協議を進めるなど安全性に十分配慮してまいります。
また、産業団地の搬入・搬出の車両と「ららぽーと富士見」の利用車両との導線を分けることや歩道の整備など、交通対策について警察とも十分に協議して万全の対策を講じます。
富士見市との緊密な連携のもと、安全な産業団地の整備に取り組んでまいります。

 

  • 上記質問・答弁は速報版です。
  • 上記質問・答弁は、一問一答形式でご覧いただけるように編集しているため、正式な会議録とは若干異なります。

お問い合わせ

議会事務局 政策調査課 広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 議事堂1階

電話:048-830-6257

ファックス:048-830-4923

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?