Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 建設業 > 建設業許可等に関すること > 建設業許可制度 > 解体工事業新設に伴う経過措置期間終了のお知らせ

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月23日

解体工事業新設に伴う経過措置期間終了のお知らせ

平成31年5月31日で解体工事業新設に伴う経過措置は終了します。

平成28年6月1日の建設業法の改正により、建設業許可に係る業種区分に解体工事業が新設されました。

これに伴う経過措置として、平成28年6月1日時点でとび・土工工事業(以下「とび工事業」という)の許可を受けて解体工事業を営んでいる業者は、解体工事業の許可を受けなくても引き続き解体工事業を営むことができます。

当該経過措置は平成31年5月31日で終了します。

平成31年6月1日以降は解体工事業を業種追加するか、建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律に基づき解体工事業者登録をしなければ、解体工事を請け負うこと及び施工することができなくなります。平成31年5月31日以前に請け負った解体工事について、業種追加又は登録なしに施工することはできません。

とび工事業の許可をお持ちの建設業者で、今後も解体工事業を営む予定である場合は、以下の記述を参照の上、必要な手続をしてください。

経過措置対象業者

次の2つの条件をいずれも満たしている業者が経過措置対象業者です。

満たしていない場合は経過措置が適用されず、現時点において適切な許可又は登録の申請をする必要があります。

  1. 平成28年6月1日時点でとび工事業の許可を取得している。
  2. a時点から現在までとび工事業の許可を継続している。

経過措置終了に伴う手続

500万円以上の解体工事を行う場合

許可行政庁に解体工事業の業種追加の申請をしてください。

申請の詳細は建設業許可のページを御覧ください。


500万円未満の解体工事しか行わない場合

工事を行う都道府県に解体工事業者登録の申請をしてください。

6月1日から登録されるまでの間は解体工事を続けることはできなくなりますので、1か月前を目安に、余裕をもって申請をしていただくようお願いいたします。

なお、土木一式又は建築一式の建設業許可を持っている業者は、解体工事業者登録は不要です。

申請の詳細は解体工事業者登録のページを御覧ください。 

その他の解体工事業に係る経過措置(専任技術者の経過措置)

平成28年6月1日時点でとび工事業の専任技術者の要件を満たしている者は、平成33年3月31日までの間は、解体工事業の専任技術者とみなすことができます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部 建設管理課 建設業担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎3階

電話:048-830-5176(5177)

ファックス:048-830-4867

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?