Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 医療 > がん対策 > がん治療と仕事の両立支援のポイント

ここから本文です。

 

掲載日:2015年3月31日

「がん治療と仕事の両立支援のポイント」を作成しました

「がん治療と仕事の両立支援のポイント」について

 がん患者の3人に1人は20歳から64歳の働く世代で、現役世代のおよそ半分が、がんによって亡くなっています。厚生労働省が平成25年の国民生活基礎調査から推計した数字では、働きながらがんの治療を続けているがん患者は32万5千人に上ります。

 近年のがん医療技術の進展に伴い、がん罹患後の生存年数が伸び、手術後も比較的早く退院し、通院しながら治療する方が増えています。がん治療と仕事の両立の重要性が高まってきています。

 この「がん治療と仕事の両立支援のポイント」では、事業者向けとして、従業員ががんになった時に備えておくべきがんの基礎知識や従業員が復職する際のがん治療と仕事の両立支援に向けて留意すべき点の他、就労に関する埼玉県内の相談支援窓口一覧を掲載しています。御活用ください。

内容

 1 事業者が知っておきたいがんの基礎知識

  ・がんに関する基礎知識

  ・事業者ができるがん患者への配慮・支援

  ・労働者の就業に関する保護規定

  ・がんの経過と就労に関する困りと企業における就労支援の関連

 2 がん患者への就労支援の取組み

 3 埼玉県内の相談窓口一覧

 4 がん就労者と事業者が活用できる資料集

ダウンロードはこちらから

 zu

「がん治療と仕事の両立支援のポイント」(PDF:1,982KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 がん・疾病対策担当 高橋

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3598

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?