Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月3日

結核児童療育給付について

療育給付ってどんな制度?

骨関節結核及びその他の結核にかかっており、入院を必要とする方に対して、県が、その治療に必要な医療費を負担したり、また、学習用品や日用品の支給を行う制度です。

ただし、全国の指定された療育機関(指定療育機関)での入院治療に限られます。
(現在、埼玉県内の指定療育機関はございません。ご不明な場合はお問合せください。)

また、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

対象者は?

次の全てに該当する児童が対象となります。

  • 18歳未満であること
  • 児童の親権者が埼玉県内(さいたま市・川越市・越谷市は除きます)に住所を有すること
  • 結核にかかっていて、その治療に特に長期間を要すること
  • 医師が入院を必要と認めていること

どんな治療が給付対象になるの?

指定療育機関で行う結核の治療のうち、次のものが対象となります。

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術及びその他の治療並びに施術
  4. 病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
  5. 移送
  6. 学習に必要な物品の支給(学習用品)
  7. 療養生活に必要な物品の支給(日用品)

※4のうち、食事療養費の一部も県で負担します。

医療機関の窓口でお金を支払う必要はないの?

結核の治療で保険対象のものについては県が負担しますので、窓口で支払っていただく必要はありません。

ただし、結核の治療以外の治療や差額ベッド代などの保険対象外の治療は療育給付の対象ではありませんので、窓口で支払っていただく必要があります。

なお、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じますが、こちらは、後日、県からの請求に基づき支払っていただくことになります。

自己負担金っていくらぐらい?

自己負担金は、歴月ごとに、世帯の所得税額により決められる徴収基準月額を次の式に当てはめて算出した額と、その月にかかった医療費の額を比較して、少ない方の額となります。→徴収基準月額表(PDF:91KB)

徴収基準月額×診療日数÷歴月の日数

※平成23年分所得税から、16歳未満の扶養親族に対する扶養控除(38万円)及び16歳以上19歳未満の扶養親族に対する扶養控除の上乗せ部分(25万円)が廃止されました。
平成23年分以降の所得税額により自己負担金を決定する場合は、これら扶養控除廃止による影響が可能な限り生じないよう、これら廃止前の所得税額を推計し、その推計額によって決定します。

学習用品・日用品の支給って?

児童の入院生活に必要なものを、一定額分、申請者に選んでいただき、県が購入して支給します。

申請手続きは?

次の書類を親権者の住所地を管轄する保健所へ提出していただくことになります。

詳細については、保健所までご相談ください。

必要書類

詳細については、お住まいの地域を管轄する保健所へお問い合わせください。→保健所一覧(PDF:87KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部 健康長寿課 母子保健担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

電話:048-830-3561

ファックス:048-830-4804

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?