Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者支援 > 高齢者虐待の防止、要援護高齢者等支援ネットワークについて

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月17日

高齢者虐待の防止、要援護高齢者等支援ネットワークについて

高齢者虐待防止、要援護高齢者等支援ネットワーク及び成年後見について

埼玉県では平成18年4月の高齢者虐待防止法の施行に伴い、高齢者虐待防止に取り組んでいます。

このホームページでは、県の高齢者虐待防止に関する取組やセミナー関連情報、要援護高齢者支援ネットワークを紹介します。

養介護施設・事業所従事者向け高齢者虐待防止研修の実施について

県では、平成30年度養介護施設・事業所従事者向け高齢者虐待防止研修を4回実施します。

※各回とも同じ内容です。お申し込みいただけるのは、各施設・事業所1人までとさせていただきます。

研修日時・会場

第1回

平成30年6月8日(金)14:00~16:00【受付13:00~】

埼玉県県民健康センター 大ホール

※終了しました。

第2回

平成30年7月13日(金)19:00~21:00【受付18:30~】 ※夜間開催

埼玉会館 小ホール

※終了しました。

第3回

平成30年11月9日(金)10:30~12:30【受付9:30~】

埼玉県県民健康センター 大ホール

第4回

平成30年11月9日(金)14:00~16:00【受付13:00~】

埼玉県県民健康センター 大ホール

※第3回、第4回は同日に研修を実施します。

対象者

県内の養介護施設・事業所の管理者等 各研修会300人(予定)

内容

「養介護施設従事者等による高齢者虐待防止について」

桜美林大学、淑徳大学短期大学部 兼任講師 梶川義人氏

受講料

無料(参加のための交通費等は自己負担)

開催場所

・第1回、第3回、第4回

 埼玉県県民健康センター(PDF:105KB)

 さいたま市浦和区仲町3-5-1(JR「浦和駅」西口から徒歩15分)

 ※駐車場の用意はしておりませんので、御来場には公共交通機関を御利用ください。

・第2回

 埼玉会館(PDF:85KB)

 さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR「浦和駅」西口から徒歩10分)

 ※駐車場の用意はしておりませんので、御来場には公共交通機関を御利用ください。

申込方法及び申込期限

申込書(ワード:39KB)によりFAXにてお申し込みください。

FAX番号:048-830-4781

埼玉県福祉部地域包括ケア課認知症・虐待防止担当宛て

※お申し込みいただけるのは、各施設・事業所1人までとさせていただきます。

※申込期限は、原則として各研修実施日の2週間前までとさせていただきます。

※各研修会300人まで先着順で受け付けをいたします。

※受講決定通知は送付いたしません。

 定員を超える申込みがあった場合のみ、個別に受講日時の調整等の連絡をさせていただきます。

研修資料

研修資料はプリントアウトし、研修当日、必ず御持参くださるようお願いいたします。

研修テキスト(PDF:395KB)

研修テキスト参考資料(PDF:119KB)

演習実施の手引き(PDF:334KB)

アンケート用紙(ワード:35KB)

その他

・研修当日、受付は行いません。アンケート用紙の記入、提出をもちまして出席を確認させていただきます。

 このため、事前の欠席連絡は不要です。

・研修資料はプリントアウトし、研修当日、必ず御持参くださるようお願いいたします。

高齢者虐待を未然に防ごう -あなた自身や周りの人が虐待者にならないために


介護に疲れを感じたり,認知症の人の介護に悩んだら,一人で悩まずにお近くの市町村の高齢者福祉担当課、またはお住まいの地域包括支援センターに御相談ください。

高齢者虐待は,特別な人や特別な環境によってのみ発生するものではありません。介護の方法や認知症について理解を深め,介護保険サービスなど、利用できるサービスを活用してみましょう。

ささいなことでも,誰かに相談することが高齢者虐待防止の第一歩になるのです。

高齢者虐待パンフレット「地域の力で防ごう!高齢者虐待」(PDF:334KB)

高齢者虐待の定義について

 

  • 平成18年4月1日「高齢者虐待の防止,高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行されました。
  • 高齢者虐待は,養護者による虐待(家庭内での虐待)と養介護施設従事者等による虐待(施設内等での虐待)があります。
  • 虐待の内容は,5つに分類されています。    

高齢者虐待を早期に発見しましょう -地域での「気づき」が虐待の早期発見につながります-

 

  • 高齢者虐待は,家庭や施設など閉ざされた環境で発生するため表面化しにくく,虐待をしている人,虐待を受けている高齢者双方にその自覚がないこともあります。
  • 虐待は多くの場合,エスカレートし,被害が大きくなります。早期に発見し,支援していくことが大切です。地域での協力,連携,見守りが不可欠です。
  • あなたの周りに虐待を受けていると思われる高齢者はいませんか?発見した場合は,市町村の高齢者福祉担当課またはお近くの地域包括支援センターに御連絡ください。市町村,地域包括支援センターでは,高齢者の安全を確認し,虐待の事実の確認や高齢者の保護,養護者への支援など,必要な対応をします。通報は、匿名でかまいません。疑いであっても情報をお寄せください。罰則はありませんが、高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した方は、市町村に通報するよう努めなければなりません。

虐待対応流れ図

要援護高齢者等支援ネットワーク

埼玉県の高齢者虐待防止の取組(資料)

 
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 地域包括ケア課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3251

ファックス:048-830-4781

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?