Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2015年4月16日

点字ブロックは視覚障害者の命綱です

点字ブロック(視覚障害者誘導用ブロック)とは

点字ブロックは、視力が無かったり、視力が低下している人が安全に移動するために、地面や床面に設置された四角形の案内表示です。

正式には「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。

ブロックには突起があり、目の不自由な人は、この突起を足の裏や白杖で確認しながら進みます。

点字ブロックの色は原則として黄色です。これは、周囲の路面や床面の色と明度や輝度の差をつけて、視力が低下している人にも分かるようにするためです。

街で見かける点字ブロックには次の2種類があります。

誘導ブロック(線状ブロック)

誘導ブロック(線状ブロック)の画像 線状の突起が、移動の方向を案内します。

警告ブロック(点状ブロック)

警告ブロック(点状ブロック)の画像 点状の突起があります。危険な場所や目的地を表します。

階段前、横断歩道前、誘導ブロックが交差する分岐点、案内板やエレベーターの前などに設置されています。

安全な移動のために皆さんの協力を!

目の不自由な人は、点字ブロックを頼りに歩行しています。

このため、点字ブロックの上やその周囲に障害物があると大変危険です。

点字ブロックの上には、自転車や看板、荷物などを置かないようにしましょう。

駅のホームの特別なブロック

最近、駅のホームでこのような点字ブロックを見かけることがありませんか。

内方線付き点状ブロックの画像

これは「内方線付き点状ブロック」と呼ばれるものです。

従来の警告ブロックに加え、線が一本加わり、どちら側に電車がくるのか分かるようになっています。

内方線付き点状ブロックの方向を解説した画像

線状の突起がある方向が、安全なホームの内側になります。

目の不自由な人がホームから転落するのを防ぐために、新たに考え出された点字ブロックです。

また、このようなブロックの有無に関わらず、もし目の不自由な人がホームの端を歩いていたら、声をかけて安全な場所へ案内してあげてください。

御協力を御願いします。

点字ブロック設置者へのお願い

点字ブロックの突起の形状と寸法は、平成13年に日本工業規格(JIS)により統一されました。(規格番号T9251)

しかし、それ以前に設置された点字ブロックは、様々な形状と寸法のものがあります。

視覚障害者にとっては、形状や寸法が違うと非常に分かりづらいものがあります。

なるべく早く、現在の規格のものに張り替えていただくようお願いします。

関連する情報

ホームドアの整備促進等に関する検討会 ※国土交通省のサイトに移動します。

お問い合わせ

福祉部 福祉政策課 政策企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎1階

電話:048-830-3391

ファックス:048-830-4801

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?