Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > くらし・環境 > 環境・エコ > エネルギー政策・温暖化対策 > 目標設定型排出量取引制度 > 埼玉県の目標設定型排出量取引制度を「世界」に発信!~世界銀行主催の国際会議「Innovate 4 Climate」で発表~

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月10日

埼玉県の目標設定型排出量取引制度を「世界」に発信!~世界銀行主催の国際会議「Innovate 4 Climate」で発表~

本県では、二酸化炭素(CO2)を多量に排出する事業所を対象に、平成23年度から目標設定型排出量取引制度を施行しています。

世界銀行が主催する気候変動対策をテーマとする国際会議「Innovate 4 Climate」にパネラーとして参加し、本県の目標設定型排出量取引制度を発表しました。

また、トップレベル事業所である関東グリコ株式会社(北本市)もパネラーとして参加しました。

詳しくは記者発表資料(PDF:218KB)を御覧ください。

1.会議の概要

 (1)日程

2019年(令和元年)6月7日(金曜日)

※Innovate 4 Climateの全日程は6月4日(火曜日)~7日(金曜日)です。

(2)場所

シンガポール(マリーナ・ベイ・サンズ コンベンション・センター) 

(3)内容

(ア)制度運営者からの発表

ア テーマ

「温室効果ガス削減対策における市場の活用」

イ パネラー
  • 安藤宏 埼玉県環境部副部長
  • 有村俊秀 東京都排出量取引制度検討会委員、早稲田大学教授
  • 李善雨(リー・サンウー) 韓国環境公団排出権取引制度管理部ディレクター
  • 張希良(ザン・シーリアン) 清華大学エネルギー環境経済研究所所長

埼玉県からの発表の様子

(イ)制度参加者からの発表

「炭素市場への参加の経験から得られたこと」をテーマに、関東グリコ株式会社(北本ファクトリー技術課課長 田中斉氏)が、森ビル株式会社(東京都)及び中国、韓国の電力会社とともに参加しました。

関東グリコからの発表の様子

※トップレベル事業所の認定状況についてはこちらを御覧ください。

 

【参考】

Innovate 4 Climate(イノベイト・フォー・クライメイト)とは

Innovate 4 Climateは、世界銀行が主催する気候変動対策に係る融資、投資や市場をテーマとした国際会議です。同会議は2017年にスペイン、2018年にドイツで開催され、今回で3回目、アジアでは初の開催となります。

パネルディスカッション形式の全体会合の他、複数のワークショップや展示なども行われ、各国政府関係者、金融機関、民間企業等期間中延べ約4000人が参加しました。

詳細は、Innovate 4 Climateのホームページ(外部サイト)を御覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 温暖化対策課 計画制度・排出量取引担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎2階

電話:048-830-3044

ファックス:048-830-4777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?